2017年2月 Amazon アソシエイト審査承認 ココを修正せよ!

      2017/03/13

こんにちは、こてりんです。

Google AdSenseに引き続き、Amazon アソシエイト・プログラムの審査にも通過できました。

しかも一発(厳密には2回目)で。自分でも少し驚いています。

Amazon アソシエイト・プログラムの合否についてはいろいろな情報で確認していましたので、

軽く2,3回くらい落とされるのは覚悟していました。

だって、Google AdSenseに通過していても落とされる人わんさかいるそうなんですもん。

ただ、私だって漠然と対策したわけではないのです。

あくまでも「私の場合」として今回のことを書き記していきます。

準備について

上にも書いているんですが、今回の審査は厳密には2回目です。

ただし1回目は別のフリーブログで。

このブログに関しては初めてです。

一度落ちたこととその後の情報収集が功を奏したと思っています。

審査してもらうブログ

まずブログそのものですよね。

Google AdSenseに通過してからそれほど変っていません。

参考:2017年2月 Google AdSense審査通過 経緯や気をつけたこと

30記事で、内容もAdsense通過を意識したときとほぼ変りません。

私本人としてはもう少しブログが軌道に乗ってから申請と考えていました。

しかし、審査に通過しているネットの先輩方のアドバイスには、、

「早め」に申請したほうがいいという声がちらほらありました。

何故か?

記事が増えてくると審査の規約に触れる記事が出てくる可能性があるからです。

なので審査を先延ばしにせず、すぐに申請することにしたのが一因かと思っています。

スポンサーリンク

購入履歴をつけた

私は今までAmazonで買い物をしたことがありませんでした。

何も知らなかったのですが、購入履歴があるアカウントとそうでないものでは合否の結果がまるで違うという情報が結構ありました。

購入履歴のあるアカウントに変更して申請しただけで受かったという話ですね。

ブログの中身は変えていないらしいので、これは大事な要素と思われます。

なので少し前にタブレットPCをAmazonで購入、父にあげました。

参考:父がauガラケーで高額支払いしていたので、料金を抑えるため解決する話①

父のガラケー料金を抑えれる、私にはAmazonの購入履歴がつく。

まさに一石二鳥。

もっと早くからAmazon利用しておけばと思いました(笑)

メールアドレスを変更

これも見逃せない要素です。

私のAmazonのアカウントはフリーメールを使っていました。

しかし、これまたネットの情報の中ではフリーメールだと通過できないという情報がありました。

出来ればネットプロバイダーのメールがいいという話もあります。

Gメールで受かってる例がちらほら…

というわけで、アカンウトの情報修正して受け取るメールの設定を

フリーメール → Gメール に変更

アカウントのメール設定はフリーメール以外にしましょう。

スポンサーリンク

AdSense広告の一時停止

AdSense広告やアフィリエイト広告を貼っていると落ちるという情報がありました。

これに関しての真偽はよくわかりません。

わからないので念のため貼っていたAdSense広告をAdSense Manager

のプラグインから一時的に停止させておきました。

やり方は

赤印のYesの部分をNoにして、Save changes のボタンで反映させます。

※申請の間のみ

参考:AdSense Manegerで簡単に広告を貼るやり方

申請に際して

申請時に関してはサイトの指示に従っていけば問題なくすすめていくことが可能だと思います。

しかし、1箇所だけ注意が必要です。

サイトの内容、紹介したい商品について説明してくださいとあります(256文字程度)。

ここは1行や2行で終わらせるのはやめましょう

審査1回目のときの私は、

非常にこういうコメントを書くことに苦手意識があり2行くらいで終わらせました。

今回はブログの中身のタイトルとコメント(たいしたことは書いてません)。

これから取り上げるだろうコンテンツに対して商品を紹介したいという内容を書きました。文章約150文字程度。

ここの部分が適当すぎると審査する方にいい印象を与えない可能性があります。

少し時間が掛かっても形になるものを準備しましょう。

まとめ

さて、もう一度おさらいします。

・ブログの記事と内容

・購入履歴のあるアカウントで申請

・フリーメールを使わない

・広告を貼らない

・申請のコメントを軽視しない

ちなみに1回目、フリーブログでの審査で私は広告を貼っていなかったのですが、

それ以外の4つの項目は全て出来ていませんでした。

あと上でも書きましたが、

記事が増えてきて記事のどれかに問題があった場合、後からさがすのが面倒になります。

もし私のようにブログが成長してからでいいやと思っているかたがいましたら、

考え直して早めに申請するようにしましょう。

スポンサーリンク

 - やり方 ,