2017皐月賞の回顧 やはり馬場が異常!? ダービーは大混戦か!?

   

さあ、2週続けて1番人気は飛びました。

あなたは今回の皐月賞というか中山競馬場をどう思ったでしょうか?

予想記事のときに、荒れる可能性も多いにある

と書きましたがその通りになってしまいました。

今回の中山競馬場っておかしかったですよね?

どういうことが行われていたのか?

どういう状態だったのかをまず話した上で回顧をしていきたいと思います。

最終週の中山競馬場

正直、今回の中山競馬場の馬場整備はやりすぎでしょうね。

どれだけいつもと違うのか見ていきます。

皐月賞以外の芝レースについて

皐月賞が行われた日と同じ8R・2000mの芝の結果です。

最速上がりが1着と2着の33.8です。

前日の山藤賞の結果を受けて、あるファンのツイート

前日の9R、山藤賞 3歳500万下 芝の1800mのレースについてです。

走破タイムは平凡でしたが、勝ったレッドローゼスの上がりがなんと33.3です。

中山ってこんな上がりがでる競馬場だったっけ?

私の記憶が正しければ、あのディープインパクトでさえ35秒台前半だったと思います。

確かにあの頃と比べるのは少しおかしいかもしれませんが、

でもこれらの結果はもっとおかしいです

今回の優勝タイムは1:57.8です。

皐月賞レコードではなく、コースレコードタイなんです。

2年前にラブリーデイが出したレコードです。

これは古馬が出したので納得はできます。

しかし、今回は3歳のトップとは言えまだ春先の若駒ですよ。

ありえません…

芝の砂撒き

一部の予想家さんから言われていることでもあるんですが、

これは砂撒いているでしょ?

ネットで調べても出てくるのですが、緑の砂という単語も出てくるくらいです。

砂を撒くと馬場のデコボコはなくなり均一化して踏めば踏むほど硬くなるため、

タイムが当然早くなるそうです。

ただし、砂を撒くという行為は芝をダメする行為なので、

開催の終わりにしかやらないというのが定説になっています。

つまり今回のようなケースですね。

しかし、JRAはこれを発表しません。

日曜日のレースは土曜日のレースで馬場のコンディションがなんとなくわかりますからいいんです。

良くないけど。

でも土曜日のレースやる人には予想出来ないでしょ、これは…

邪推するとどういうこと?

これは私が勝手に思ってることです。

多分、私だけでなく結構大勢の人も思ってませんかね?

結局、この馬場づくりって…

JRAはファンディーナに勝たせたかったんじゃないんですか?

上のツイートでも言ってますよね。

私はこのCMを見たときにパドックを知らないひとなんているのかよと思いました。

まあ、それは言い過ぎなのかもしれませんが、

要はああ言う競馬を知らない層のファンも獲得したいと願ってるCMですよね。

そういう意味では今回のファンディーナは格好のいい宣伝になります。

だって、皐月賞で牝馬が勝ったら69年ぶりの快挙でしたからね。

だから、これが実現すると競馬界も盛り上がりますよね?

過去に牝馬でダービーを勝ったウォッカだってかなり騒がれましたからね。

仮に狙いがこうだとしても、

発表しないのはないんじゃないですかねぇ… JRAさん?

スポンサーリンク

皐月賞(G1)の回顧

参考:2017皐月賞(G1)の予想 最終週なのに高速馬場はやめろ!!

斬った馬

アルアイン  9番人気 1着

カデナ    3番人気 9着

マイスタイル 14番人気  16着

よりによって皐月賞馬を斬ってしましました…

当然、予想からも切りました…

言い訳は下でします。

私の予想

◎ウインブライト   6番人気 8着

〇アウトライアーズ  7番人気 12着

▲ファンディーナ   1番人気 7着

△スワーブリチャード 2番人気 6着

△レイデオロ     5番人気 5着

なんつうクソ予想でしょうか…

しかし、言い訳させてください。

上でも書きましたが馬場がこれでは…

それを踏まえて予想するもんだろ?

はいごもっともです…

しかし…

これは過去4年のハロンごとのタイムと今回の皐月賞との比較です。

これだけ急激に加速したのにもかかわらずほとんどタイムが落ちてません。

この流れで前がほとんど落ちてこないのです。

それが証拠にそこそこ早い流れなのに、12着のアウトライアーズまでサトノアレスの33.9を除き、

全ての馬が終わりの3Fを34秒台で締めくくってます。

4コーナー抜けて早め抜け出しのファンディーナとクリンチャーは最後に脚が残ってませんでしたが、それでも34.8でした。

ちなみにアルアインからアウトライアーズまでの着差はクビ、3/4、1 1/4、クビ、クビ、クビ、アタマ、クビ、アタマ、1/2、アタマです。

これを予想するのは無理です…

スポンサーリンク

レースについて

アルアインと松山騎手。

G1優勝おめでとう!といいたいところですが、ちぐはぐと言ってる方もいます。↓

アラシさんのチャンネルより

この方はデムーロ騎手の騎乗を大変褒めております。

あとファンディーナの敗因についても言及しております。

まあ、この馬に関してはスローでしか経験なし、

クラシックG1で牡馬相手というのはやはり危険だったのでしょうね。

あとパドックで入れ込んでいましたね。

今回は4コーナーまでにいいポジションが取れたもん勝ちのレースだと私は思っています。

かなり乱暴な結論ですけどね。

この馬場なら同じメンバーでもレース毎に優勝馬は違うと思ってますので。

とりあえず、本命、対抗にした2頭に関しては、

これからも中山では重たい印をつけていきます。

その時のために今回は負けたとポジティブに捉えます。

まとめ

さあ、これでダービーはどうなるでしょうか?

上の動画でも大混戦と言っています。

去年は、マカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズ、ディーマジェスティ、エアスピネルとわかりやすかったと思います。

今回はこの皐月賞組にサトノアーサー青葉賞と京都新聞杯の権利獲得馬が出走してくるので、

たしかに大混戦は間違いないでしょうね。

ファンディーナはどうするんでしょう?

オークスを狙ったほうがいいような気がしますけど…

毎年、3歳馬は皐月賞が終わってから何となく力関係がわかると思っていました。

しかし、今年はこうだったのでわかりません。

トライアルもしっかり見定めてダービーの予想に望みたいと思います。

それでは、また。

スポンサーリンク

 - 競馬 , , ,