2017年フラワーカップ(G3)の予想と日曜日の回顧

   

昨日に引き続き2回目の予想になります。

牝馬クラシック第1弾、桜花賞トライアル・フラワーカップです。

予想の前に日曜日の阪神大賞典とスプリングステークスの回顧からしていきます。

回顧

阪神大賞典、スプリングステークスの順で回顧します。

参考:2017年の阪神大賞典とスプリングステークスを予想してみた

自分の予想と結果がどうであったのか、レースとともに説明していきます。

阪神大賞典(G2)

私の予想

本命 サトノダイヤモンド 1番人気  1着

対抗 シュバルグラン   2番人気  2着

3番手 タマモベストプレイ  6番人気   4着

このレースは買ってはいけないレースといいました。

当たり前ですが、その通りでしたね。

馬連140円ですよ。

これは観るレースです。

それにしてもやはりサトノダイヤモンドは強かったです。

しかも過去5年と比べても格段に早い時計で勝っています。

ナリタトップロードの持つレコードタイムに0.1と迫る時計です。

見てて仕上がってる感じがしてませんのでまだまだ伸びると思います。

2着のシュバルグランも負けて強しだったと思います。

サトノダイヤモンドと0.2差です。

4コーナーからの抜け出しが少し早かったような気はしますが、

どちらにしても着順は変らなかったと思いますね。

天皇賞(春)はこの2頭とキタサンブラックが主役でしょうね。

3着に入ったトーセンバジルは早かった流れの中で、うまく脚をためて伸びてきた印象です。

今回はハマッただけのような気もします。

それにしてもダービー馬ワンアンドオンリー7着でした。

もうダメなような気がします。

故障する前に引退したほうがいいと思いますが…

スポンサーリンク

スプリングステークス(G2)

私の予想3頭

トリコロールブルー 3番人気  5着

アウトライアーズ  2番人気  2着

エルトディーニュ  8番人気  6着

予想微妙でしたね…

トリコロールブルーはサトノアレスより後ろで競馬してました。

これでは届くわけがありません。

ペースも平均的なものだったので微妙でした。

デムーロ騎手の苦手なスタートはさほど悪くなかったのですけどね。

アウトライアーズはよく頑張ったと思います。

皐月賞ではどうするかはよく考えたいです。

そして、勝ったウインブライトを褒めたほうが良いと思います。

ただし、鞍上の松岡騎手は物凄い追ってましたね。あんな使い方で大丈夫でしょうか。

皐月賞はいらないかもしれません。

面白いかなと思っていたエトルディーニュでしたが、

見せ場は4コーナー回ったところまでで直線は脚が残っていなく終了でした…

結局1番人気だったサトノアレスはやはり届きませんでした。

この馬、これからもあんな後方で競馬をするなら惜しいレースばかりになるんじゃないでしょうか。

弱くはないけど、勝ちきれない。そんな存在に。

あと距離不安だと思っていたモンドキャンノでしたが10着でした。

人気を落としてNHKマイルで狙うのはどうでしょうか?

スポンサーリンク

フラワーカップ(G3)

桜花賞トライアルのフラワーカップです。

中山競馬場の1800m。

それにしても桜花賞より長いトアライアルってどうなんでしょうね。

このレースも阪神大賞典に引き続き、お堅い感じがしますね。

出来れば観るレースにされたほうがいいと思います。

予想

本命は1番人気ファンディーナです。

これもサトノダイヤモンドのように逆らえません。

1頭だけ抜けています。デビュー戦、圧勝。

前走もドスローから前の馬を異次元の脚でねじ伏せました。

対抗は2番人気デアレガーロです。

他を見回しても2番手はこの馬しかおりません。

中山で2戦2勝、鞍上ルメール騎手。

前で競馬できるのも魅力です。

面白そうな1頭を加えておきます。

8番人気ドロウアカード、鞍上は武騎手です。

2走前のファンタジーステークスでミスエルテに0.5差の6着。

距離が長くなってどうかはわかりませんが、先行競馬で武騎手ならチャンスはあります。

まとめ

という訳で、今回も観ることを推奨します。

ファンディーナがどう強く勝つかを確かめるのです。

あとはドロウアカードがどこまでポジションを上げてくるか楽しみです。

中山競馬場 フラワーカップ 1800m

出走:15:45~

スポンサーリンク

 - 競馬