【ドラクエ11】結局、今作は面白いの?クリア直前に難易度など疑問をまとめてみた

      2017/08/28

もう発売して1ヶ月近く経ったドラクエ11ですが…

まだやっていない人っているんじゃないでしょうか?

そんな人のために今回のドラクエってどうなの?

というものに答えてみようと思います。

面白さや難易度なんかを中心にしてます。

ちなみに僕は発売日に買いました。

現在の進行状況はラスボス最後の城を攻略中です。

まあ、ここまでで全部を語れるわけではないんですけどね。

でもどんな感じ?というものには答えられると思うので。

それではいきます。

[多少のネタバレあり、注意!]

スポンサーリンク

ドラクエ11は面白いの!?

※画像を踏むとAmazonに飛んでしまいます

結論から言うと

『ドラクエ11』は面白いですよ。

でも凄い面白いの?と言われたらちょっと微妙かもしれない。

ちなみに僕の状況です。

  • プラットフォームは3DS
  • 主に3Dモードでプレー
  • 現在(最初の)ラスボスの城まで到達している

物語の進行


『ドラクエ11』のストーリーはかなりサクサク進めることが出来ます。

詰まることもさほどないように思えます。

このことに関しては難易度の項目でまた書きます。

サクサク進むのは重要な事で

それだけプレーヤーが次、次とやりたくなる意欲をそそります。

まあ、当然ストーリーの面白さがあってこそですけどね。

ただ今回、僕は発売前から結構期待してました。

こちらでも書いたのですが↓

憶測が過ぎたのかもしれません。

『11』は今回、集大成になるだろうと思っていました。


というのもロトシリーズ天空シリーズも全部まとめるんじゃないかなと。

そんな風に期待していました。

でも、現在ラスボスの城まで来ています。

そんな感じは一切しません。

なのでここが自分で少し期待のハードルを上げてしまったのかなと。

なので凄い面白いというわけではないけど間違いなく面白くはあります。

時渡りの迷宮について

3DS版だけに実装されている「時渡りの迷宮」。

ヨッチ族のあれですね。

ただ、これどうなの?と言われたら…

お世辞にも面白いとは言えないかな。


まずはヨッチ族をダンジョンに送り込んで

アイテムや「冒険の書の合言葉を得ることが目的です。

ただこのダンジョンがまたつまらない…

堀井雄二氏も含めてのスタッフによるカウントダウンイベントが発売前にありました。

彼らがいろいろな都市をまわったあれです。

ここで名前は忘れましたがそのうちの1人がダンジョンでは結構いいアイテムが手に入ります。

なんてこと言ってました。

が、僕現在6階層まで来てますが

手に入れていいアイテムなんてなかったように思えます。


そして、「冒険の書の合言葉」によって

過去のシリーズの街やダンジョンに行くことが出来ますが…

これも特別面白い?と言われると微妙と言わざるを得ない。

たしかに懐かしい部分もあるので好きな人にはいいかも。

そして個人的に残念だったこと。

それはすれちがい通信でもらった高ランクのヨッチ族です。

まだ自分の進行度が浅い場合、もらった強いヨッチたちは本気を出しません。

進むに従って本気度を開放していきます。

※同じ人とすれちがうと少し強くなるらしいです。

なのでもらった強いランクのヨッチたちはのちのち活躍はしてくれるでしょう。

でも序盤や中盤だとはっきり言って意味がありません。

少なくとも僕はそうでした。

クエストについて

今回のサブクエストと言える「クエスト」。

やらなくてもいいしやってもいい。

僕はやれるものはやってます。

ちなみに3DSはPS4版と比べてこの「クエスト」の数が多い。

これは時渡りの迷宮にも「クエスト」があるのでその分ですね。

これこそ結構いいものをもらえることもあるのでやってもいいのかなと思います。

さっさとクリアしたいひとは飛ばしても全然OKです。

スポンサーリンク

ドラクエ11の難易度って!?

今回のドラクエはどれくらい難しいの?

って言えば簡単と言えるでしょう。


ただしこれはプレーヤーによってかなり左右されることかもしれません。

どういうこと?↓

エンカウントを意識する

僕は主に3Dモードでプレーしています。

なので敵との遭遇はシンボルエンカウントです。

フィールドに最初から敵が見えているアレ。

※2Dモードは昔ながらのランダムエンカウント

なので敵を避けようと思えばいくらでも出来ます。

僕はこの『11』をプレーする数ヶ月前に『6』と『7』をやっていました。

『6』はアホみたいにエンカウントしました。

『7』はそれよりは大分緩和された感じ。

今作品は避けようと思えばいくらでも敵を避けられる。

でも、僕はこの過去作のおかげである程度避けたらその後は戦うようにしてました。

戦闘の避けすぎが気持ち悪かったからです。

僕の友人、知人にも聴いたら…

僕よりも戦闘を避けまくってました。

これはどうなるかといえば後半にしわ寄せがくるのです。

中ボスが倒せなくて困ったなど結構あったようです。

僕はそんなことはありませんでした。

ちなみに僕はまだ全滅がありません

適度に戦闘してレベルが普通に上がるので。

ここが難易度が変る1つの要素になっているでしょうね。

マップによるアシスト

PS4にもありますが、

3DSも下の画面にマップが表示されます。

今作は敵が出るダンジョンなどは最初から表示されていない箇所もあります。

しかし、1度通るとマッピングされていくのでその後迷うということがほとんどありません。

普通のフィールドにいたっては最初から表示されているし

目的地も印されています。

迷うなんて皆無?かもしれません。

悪く言えば簡単

よく言えば快適

ここは人それぞれかと。

お金に困らない


『ドラクエ11』は普通?にやっていたらまずお金に困ることはありません。

その大きな要素が「不思議な鍛冶」

これがあるためにあまりお金で困ることはないように思えます。

大抵は武器や防具って買わなければいけませんが

今作(前作もあった)はレシピと素材があれば作れますので。

発売前はこの「不思議な鍛冶」が結構評判が悪く

面倒くさいだの、勇者が鍛冶なんておかしいなんて意見もありました。

しかし鍛冶、結構楽しいですよ。

しかも買ったものより強く出来るし。

※買ったものも強く出来ます

それに作って売ればお金になります。

余計にお金に困りません。

ここも難易度を下げている要因かなと思います。

ドラクエ11今回の記事のあとがき

上で難易度は簡単だと言いましたが

それは「しばりプレイ」が可能になっているのもあるでしょうね。

※ゲームの中に実装されています

こんなこと言っている人もいるので

自分でいろいろやってみるのもいいと思います。

さて、僕は今とりあえずのクリアが目前なので終わりましたらまた記事を書きたいと思います。

なんか裏の世界もいつも通りあるみたいですしね。

それではまた会いましょう。

おわり

よろしければこちらもどうぞ↓

スポンサーリンク

 - ゲーム