今更「逃げ恥」の魅力を男性視点で語ってみる③

      2017/03/13

さて、逃げ恥について語ってきたわけだが、今回で最後である。

書いてる途中でまた観たくなってきた。

観ているとまた新しい発見が出てきたりするものだ。

私は多分、5周くらいしただろうか。

甘い?あなたはどれくらい?

※以下ネタバレ注意

恋ダンス恐るべし

逃げ恥の人気を後押ししたというか、これがメインになっちゃってるんじゃないの?っていうくらい「恋ダンス」が流行った。

現在、YouTubeでの星野源さん恋のPVの再生回数がなんと1億回を越えている。

ケネディ大使をはじめとするアメリカ大使館による領事館バージョンも700万回を突破している。

一体なんという人気なのだ。

これだけではなく色々なバージョンもあるし、スローで振り付けを解説しているものまである。

【反転スロー】星野源 – 恋ダンス フルver 振り付け  ビエボ(Beable)より

振り付けといえば、担当したMIKIKO氏。

キャリアが膨大すぎて書ききれない。目を引いたのは売れる前のPerfumeを担当していたこと。

CMも沢山担当してるし、アニメやライブの振り付けもしている。

最近ではリオ五輪の閉会式にも関わっていた。

凄いの一言だ。

ドラマの魅力もそうだが、この曲にして、この振り付けが人気を爆発させたのは間違いない。

スポンサーリンク

番外編

★日産のCMに勘違いする

本編の合間に入る日産のCM。大谷亮平こと風見百合ちゃん(石田ゆり子)に向かって喋っているシーンなのかと勘違いしてしまう。

それもそのはず、本編で百合ちゃんが所有しているJUKEそのものだし風見もいるからだ。

3話で大人5人が乗っているシーンがある。居住性をアピールしているように見えなくもない。

8話では百合ちゃんが若者は車を持たなくなったと話をする。

若者代表の風間はなくても困らないと答える。

しかし、百合ちゃんは思っているよりもずっと遠くに行けるのよと話す。

その後、二人を乗せたJUKEのナイトクルージングが映し出される。

なんとなくいいシーンに見えるのだが、さりげなく車のアピールって感じがする(笑)

★ゲイの恋も描いている

本編で沼田(古田新太)を見ているといると、ゲイなんだと気づける。

しかし、最終話まで観てはじめてゲイの恋も描かれていたとわかる。

百合ちゃんの部下の梅原(成田凌)が同僚の堀内(山賀琴子)だけにゲイと打ち明けることで発覚する。

そして梅原はまだ会えぬ沼田に想いをよせるが急ピッチで二人は会えてしまう。

★ガッキーのつもりが阿佐ヶ谷姉妹に

逃げ恥の人気で美容院ではガッキーの髪型にしてくださいという注文があったとかなかったとか。

しかし、仕上がりは阿佐ヶ谷姉妹に早がわり…

美容師が本気でガッキーと阿佐ヶ谷姉妹の髪型を検証しているサイトまであった。

参考:「逃げ恥」みくりと阿佐ヶ谷姉妹の髪型の違いを美容師がガチ検証してみた     オオイケモトキさんのサイトより

阿佐ヶ谷姉妹になってしまっては火曜日のハグはオアズケになってしまうかもしれない…

★Pepper君て?

いかに自分が情報に疎いのか知りました(笑)

世界初の感情認識ロボットであるそうな。

本編では2話に沼田から平匡(星野源)に結婚相手はPepper君?と質問されるシーンがある。

9話で初登場、みくり(新垣結衣)がショッピングモールらしき所で話を掛けて抱きしめている。

調べるとわかるが世界中で活躍しはじめていることがわかる。

みくりは家事が出来るロボットが出来たら職を失うと言っている。

ベルギーでは病院の受付業務を試験的に始めている。

アメリカのb8taストアではアルバイトの開始を予定されている。

※b8taストア:カルフォルニア州の家電量販店

コミュケーションが取れて、仕事もキッチリ出来るロボットが出来たら

みくりの言う職を失う人々が出てくることを予感させられる。

その無表情の奥には人間の仕事をかっさらうニヤケタPepper君がいるのかもしれない。

スポンサーリンク

まとめ

自分で書いていてなんだが、沢山魅力が詰まっていたことを再確認した3回の記事であった。

・男女が支持する部分

・多くのパロディ

・笑いのポイント

・印象に残るワード・シーン

・恋ダンス

・番外編

今回はこれらについて魅力をまとめみた。

あなたはどうだったろうか?このドラマの魅力はまだまだこんなものじゃないかもしれない。

これほどのドラマは今後またすぐ出てくるものではない。

今も新しいドラマは放送されているが、未だに逃げ恥ロスの人も多いだろう。

いつかスピンオフや特別編などがあったら観たいと思うのは私だけじゃないはずだ。

それまであるかもしれないと思いながらまた日々、情熱大陸のテーマが駆け巡る。

スポンサーリンク

 - ドラマ , , ,