リステリンと歯磨きについて専門家に聴いてみた

      2017/09/25

こてりんです。

いきなりですが、僕は歯磨きが苦手です。

おかげで昔から虫歯だらけです(笑)

人間ケアを怠ると事情はどんどん酷くなっていくものです。

人によっては痛くなるまでそのまま放置してしまいます。

痛くなるだけならいいのですが、

口腔内が不潔だといろいろ良くないことがあるそうですね。

それを解消するために私はリステリンを使っています。

そんなお話です。

リステリンを使い始めたきっかけ

何故使ってみた?

リステリンを使い使おうと思ったのは、

歯のケアを日頃から怠っていたことと

口の中がなんとなくですが臭い気がしたからです。

口臭を解消するにはガムを噛んだり、

ブレスケア製品を飲んだりとかあると思います。

しかし、僕ってこういうの嫌なんです(笑)

ガムはともかく得体の知れないものを体に取り込むなんて。

そんな中、CMでみたのがリステリンでした。

効果は?

キャッチコピーが

  • 歯垢の沈着予防
  • 歯肉炎の予防
  • 口臭の予防
  • 歯石の沈着予防
  • 口中の浄化
  • 自然な白い歯へ

でした。

怠け者の私は「これだ!」と思い、すぐ飛びつきました(笑)

使用してみると、歯茎がヒリヒリします

なんか効き目があるような気がしました(笑)

スポンサーリンク

リステリンについて専門のひとに聴いてみた

リステリンの意味

友人に「リステリン使っているんだよ」って言ったら、

「あれ意味あるの?」と言われました。

なんか不安になったので、

通っている歯医者さんの歯科衛生士さんに聴いてみました。

それによると、意味はあります

と力強く答えをいただきました。

使用する順番は?

ただし、歯磨きの前ではなく

後に使用してくださいとのことでした。

もっというと、

①歯磨きは最初に歯磨き粉をつけずに簡単に実施し、

②その後歯磨き粉アリで実施。

歯磨き粉はほんの少しでいいそうです。

③そして、最後にリステリン使用が好ましいようです。

リステリンを常用するようになって

歯医者さんに通うようになって、

もちろん問題のある歯を治してもらうのですが、

それ以外もいろいろと指導が入ります。

  • 歯磨きをキッチリしないと歯垢が取れない
  • 取れない歯垢は歯石になる
  • 歯周をケアしないと歯茎が荒れる
  • 放置すると歯が抜ける

聞いていると怖くなってきます。

先ほどの製品のキャッチコピーがまさに4つほど対策に当てはまります。

結局、手離せなくなりました。

スポンサーリンク

リステリンの使用について

使用量について

写真のカップは、

一時キャンペーンでついてきたのですが、

ラインのついている所までが適量というものです。

実際にこの量で使用すると500mlの製品が一ヶ月もちません。

なので僕は半分くらいで使用しています。

使用手順

口のなかに含み、すすいでから

歯ブラシでブラッシングという手順で使用してください。

昔、井森美幸がCMしていた製品でこれと似たものがありました。

口に含みそのまま捨てるような印象があって、

リステリンも同じように使用していたら…

裏の説明書きにブラッシングしてくださいとあるのを

見落としていてしばらく使い方を間違っていました(笑)

終わりに

別に使用したからと言って歯が治るわけではないのですが、予防にはなります。

口腔内の細菌の数って凄いそうです。

気持ち悪いくらいいるそうですよ。

その菌の中には他の部分に移動し

動脈瘤を引き起こすものもあります。

出来れば口の中だけで問題を解決しておきたいですよね。

こういった理由もありますので、

口腔内を衛生的にサポートするのに僕は便利です。

皆さん、歯磨きはキチンとしましょうね。

スポンサーリンク

 - 日常 ,