『MIX』15巻のネタバレと感想!原田正平を知る千本木豊とは!?

      2019/08/12

こんにちは、こてりんです。

『MIX』15巻のネタバレ(あらすじ)です。

今回は明青学園野球部の紅白戦のつづきになります。

夏野が脱落した紅組に走一郎が登板し奮闘する。

紅白試合の決着はどうなるのか?

そして走一郎と音美の父・澤井圭一を再起不能にした人物の登場!?

さらにこの人物、原田の過去を知っている!?

原田の記憶は戻る?

てか、夏の予選は始まるのか!?

ネタバレでよろしければどうぞ↓

スポンサーリンク

『MIX』15巻のあらすじ

前巻まで

地元の強豪・健丈高校との練習試合を1-3で負けたものの投馬の失点は0。

しかも走一郎が相手打者に球種とコースを教えていたハンデ?つき。

明青バッテリーの出来は上々と言っていいところまできていた。

そんな中、監督の大山はラーメンをかけた紅白試合を提案。

白組(監督は大山)は投馬を含めたレギュラーが多い一見有利な布陣。

対する紅組(監督は春夏)はケガで降板した夏野にかわり、走一郎。

そしてキャッチャーが今井のバッテリーになり急におもしろくなる。


『MIX』14巻より

幼いころ、投馬よりピッチャーの腕前があった走一郎。

走一郎が(中学)入学してくるまで正捕手だった今井。

投馬はキャッチャーが走一郎ではないので全力投球ができない。

これらのおかげで紅白試合は思った以上の均衡状態になる。

試合は3回表、紅組の攻撃からはじまる。

主な登場人物


立花 投馬(左とうま) 走一郎(右そういちろう)
同級生の兄弟で明青学園の2年生。
お互い連れ子同士の再婚のため血は繋がっていない。
投馬がピッチャー、走一郎がキャッチャーのバッテリー。


立花 音美(たちばな おとみ)
走一郎の実の妹。
投馬に想いを寄せている?本作のメインヒロイン。
明青学園の1年生で吹奏楽部所属。


大山 春夏(おおやま はるか)
投馬の幼馴染で同級生。
監督の娘でもあり、体操部だったが今は野球部のマネージャー。
もしかしたら父親よりも采配がいいのかも?


原田 正平(はらだ しょうへい)
12巻で音美の命を救ったかつての明青OB。
しかし、ここ一ヶ月より前の記憶がないためホームレス扱いとなっている。
立花家でやっかいになりはじめる。


喫茶ドラゴンのマスター
以前はラーメン屋をしていたが都合により11巻から喫茶店へ転向する。
明青野球部にやたらと詳しい人物。
最近、店に入り浸る原田となんだかんだウマがあっている。


千本木 豊(せんぼんぎ ゆたか)
今年度から明青学園に赴任してきた教師。
現・美術部顧問であるが、その前は音美の所属している吹奏楽部の顧問だった。
今回にストーリーに大きく関わってくる人物。

[ネタバレあり、注意!]

紅白試合の決着?


『MIX』15巻の背表紙より

15巻のあらすじこれです↑

春夏が走一郎をひっぱたいて、なにやら意味深な感じが・・・

でもこれあらすじで触れませんw

とりあえずこれだけじゃ味気ないので以下↓

紅白試合は紅組の攻撃。

マウンドの投馬はキャッチャーが走一郎でないので全力は出せない

しかし、ランナーは出しても投馬の工夫でなんとか形にはしている。

対する紅組もバッテリーは走一郎と今井。

白組はなかなか打ち崩せず苦戦する。

試合は進み、1-0で紅組リード。

しかし、慣れないピッチャーで疲れを隠せない走一郎が8回につかまる

赤井弟のヒットから連打を浴びて2失点

最終回、紅組の攻撃。

一死ランナーなしでバッターは走一郎。

ここにきて投馬の投球は勢いが増すばかり。

しかし、今日全力とはいえないが投馬に対しては当たっていると指摘をする春夏は走一郎に期待する。


『MIX』15巻より

それでもバットは空を切り三振。

登板の影響なのか投馬がすごいのか軍配は白組に。

大はしゃぎでよろこぶ白組。

いやいやw

まだツーアウトだと突っ込む4番キャッチャー今井だったが・・・

次の1コマで三振、さらに次の1コマでゲームセットが告げられなんともお粗末な決着で落ち着いた。

白組 2-1 紅組

千本木豊と原田

実は野球部が紅白試合をしていた頃、千本木は澤井圭一の墓にいた。

走一郎たちの母・真弓がそこに来てお互い自己紹介。

再婚して立花に苗字が変わったと聞き、ふと何かを思う。

それから千本木が学校の美術部に戻ってくると試合は終盤。

部室から試合を眺め、部員に聞く。

2年生のバッテリーは何て言ったっけ?

立花兄弟だと1人が答える。

さらに何かを思う千本木。


『MIX』15巻より

ある日、千本木は道端で偶然、原田に再会する。

原田は記憶がないので慌てて問いただす。

会ったのは約10年前のインドの山奥らしく、その時3日間いっしょにヒッチハイクをした仲らしい。

で、俺は誰なんだ?と千本木に訪ねた原田だったが・・・

喫茶ドラゴンに来た原田は事の経緯をマスターへ話す。

マスターにわかったことを聞かれる。

その時、原田は千本木にマカオからきたハリマオと言って本名は告げなかったらしい。

原田は未だ原田であることを知らないまま。

それからその人は誰なんだと聞かれ原田は「千本木豊」だと言うとマスターが驚く。

昔のスコアを持ってきたマスターは原田にそれを見せながら語りだす。

千本木豊はベースカバーに入った澤井圭一に接触して投手生命を奪ったのだと。

それを聞いた原田は地球は狭いなと何気なく言うのだった。

千本木の告白

明青の昼休み、投馬は千本木に出会い“きみのお父さん”のことで話があると言われる。

投馬はうちの親父が?と思い話を聞くとそれは澤井圭一の例の話。

投馬はおれの親父はそのあとマウンドに上がった人物だと言う。

千本木の頭に疑問符がうかぶ。

さらに澤井の息子である立花を呼んでくると走一郎をつれてくる投馬。

再度、走一郎にあの事故について語り終えると・・・

きみのお父さんの選手生命を奪った男だと暗い顔をしている千本木に走一郎は答える。

自分なりに調べたという走一郎はその後のことを語りだす。

その人は秋に野球部をやめたこと、理由は前に人がいると走れなくなったため。

前に人がいなければ走り切れると陸上部へ転向していたこと。

2年のときに全国出場、3年のときには全国優勝までしていたこと。

全てを見透かされていた千本木は観念したかのようにその優勝の時も澤井は1番よろこんでくれたと語る。

きみの親父はそういう男だったという千本木に走一郎は「知っています」と自信を持って答える。

あの時のキャッチャーが監督、控え投手の息子がエース、エースの息子がキャッチャー、この春赴任してきてなんだか偶然とは思えないと運命めいたものを感じる千本木。


『MIX』15巻より

走一郎は明青の甲子園出場を願った澤井が呼んだのだと盛り上げる。

投馬はケラケラ笑ってる。

そして、走一郎は自信を持って?こう言う。

多分、(甲子園へ)行きますからと・・・

夏の大会直前

んで、ある日、澤井に呼ばれていないであろう原田はなんと実家の前にいた。

でも本人は当然だが実家だとはわからない。


『MIX』15巻より

そこに現れたその家の女の子が犬を連れて原田を怪しいヤツよばわりする。

ゴチャゴチャいってきたので得意の威圧でビビらせる原田。

スゴイ勢いで逃げる女の子と犬。

原田は何事もなかったかようにそこをあとにする。

女の子は出戻りで実家に帰ってきた原田の姉の子だった。

怪物が現れたとさわぐ娘に姉は実の弟のことを(怪物で)思い出す。

何をやっていることやらと・・・

んで、明青野球部は夏の大会直前で活気づいていた。

万全のバッテリー、ケガをした夏野には走りこみで強化、レベルアップした攻撃陣。

大山は不安なき期待をしていたが、そんな父親に春夏は不安をおぼえていた・・・

校舎から野球部の練習風景を無表情で眺める千本木の姿がそこにはあった。

スポンサーリンク

『MIX』15巻の感想

ん~まず思ったこと、予選始まらなかったな~

自分の考えは余裕でハズレましたw

この巻で予選突入すると思っていたので。

今回は走一郎と音美の父である澤井の過去とそれに大きく関わった千本木が中心の話でした。

あとは原田の記憶が戻るのか?所在がわかるのか?

と思わせておいて結局そのままだったというね。


『MIX』15巻より

あらすじでは触れていませんが、投馬と音美が2人でいるところを見た原田が達也と南の面影を重ねたシーンがありました。

そこを皮切りに次々とうっすらだけど思い出される人物のシルエットたち。

最後にレオタード姿の誰かw

これはもう記憶が戻る伏線ですかね。

まあ、戻るとしたらやはり大会予選の最中でしょうね。

しかも大事な試合で。

それが決勝かまたは準決勝あたりだと面白そうです。

しかもそのあたりで『タッチ』の重要人物登場とかね。

てか、それくらいしてくれないと15巻まできて未だに盛り上がりに欠けている感は否めません。

なんとかテンションの上がる展開を今後期待したいものですね。

それにしても投馬たちはまだ2年生なんですよね。

どうなんでしょうこの辺・・・

まだまだ波乱が待っているのかもしれません。

なんと言ってもあだち充漫画ですから。


『MIX』15巻より

蛇足ですが、上で春夏が走一郎をひっぱたいているシーンがありましたよね。

あらすじに入れなくても問題ないと思ったのでなしにしましたw

気になる人はコミックス読んでください。

サンデーうぇぶり-人気マンガ・ウェブまんが読み放題漫画アプリ

サンデーうぇぶり-人気マンガ・ウェブまんが読み放題漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

『MIX』16巻へ


僕はゲッサンを読んでいないのでいつもコミックスを楽しみに待っている派です。

だから先のことはわかりません。

このツイートを見る限り夏の大会は雨の開幕のようですね。

甲子園を目指した緒戦、どうなるでしょうか。

『タッチ』では甲子園を決めた予選1回戦で達也は先発させてもらえず、大苦戦しました。

まあ、監督の大山がエースを温存とかあるかもですが今のところ苦戦とか考えられないでしょう。

ただ、緒戦から何事か仕掛けてくるのがあだち充漫画。

どうなるか楽しみな夏の予選突入です。

おわり

サンデーうぇぶり-人気マンガ・ウェブまんが読み放題漫画アプリ

サンデーうぇぶり-人気マンガ・ウェブまんが読み放題漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

 - マンガ , , , ,