【ネタバレ感想】MIX11巻で上杉達也が登場!?あだち充の仕掛にもう胸熱!!

      2018/08/10

気がついたら『MIX』の11巻が出ていて慌てて買ってきました。

表紙の帯を見て凄い煽りが書いてある。

「上杉達也」と。

さらにコミックのCMでは、『タッチ』で“浅倉南”役の日高のり子さんがこう言います。

「南は出てこないのかな~?」

※それについてはのちほど

おお!これは間違いなく達也が出てくるんじゃ!?と期待!

しかもちょっと既視感があるんですよ。

それは管理人は以前こんな記事を書きました↓

なので余計に興奮してしてしまいますよ。

それでは、期待にムネをふくらませ語っていきます。

スポンサーリンク

MIX11巻のあらすじ

主な登場人物


立花 投馬(左とうま) 走一郎(右そういちろう)
同級生の兄弟で明青学園の1年生。
お互い連れ子同士のため血は繋がっていない。
投馬がピッチャー、走一郎がキャッチャーのバッテリー。


立花 音美(たちばな おとみ)
走一郎の実の妹。
投馬に想いをよせている?本作のメインヒロイン。
明青中等部の3年生。

[ソフトにネタバレあり]

MIX10巻まで

立花兄弟が高校生になり明青学園の野球部として挑んだ初めての夏の大会。

甲子園を前にした地区予選準決勝でエース三田率いる強豪東秀と激突。

事実上の決勝戦。


『MIX』第10巻より

延長14回の激闘の末、主人公・立花投馬のエラーにより明青学園は敗れてしまう。

MIX11巻

夏の大会を善戦した明青学園野球部は入部希望者がちらほらと出始める。

そんな中、中学時代から同じ野球部だった錦研二が入部を希望してくる。

錦は中学のとき、野球部の監督を殴り退部。

現在も常に顔にアザを残しているような問題児!?

しかし、野球部の戦力を考えると欲しい人材ではある。

野球部は錦の入部を一旦断る決断をする。

が、周りの働きかけもあり不良との縁を切ることに成功。

錦は新戦力として野球部にむかえられることになる。

ある日、投馬は家で遅い目覚めを果たす。

家には誰もおらず、テレビもつまらない。

何か面白い映画でもとビデオテープを探り出す。

この時代にVHSすか?あだち先生・・・


『MIX』第11巻より

あるテープが床に落ちる。

そこにはこう書かれていた。

「明青学園優勝決定試合」と。

MIX11巻と上杉達也

デカイ帯

今回、コミックを買ってちょっと驚いたこと。

それがこれ↓

こんなデケー帯初めて見た!?

他でもあるんですかね?これくらいの帯。

ちょっと笑っちゃいました(笑)

でも、見逃しちゃいけないのは帯の文字。

「上杉達也」「甲子園決勝の勇姿。」の文字

あのタッチで描かれていなかった決勝戦が見れるのか!?

ついに上杉達也登場!?

ここまでの流れでなんなくわかると思います。

上杉達也の登場は投馬が観るビデオテープの中の思い出です。

しかもほんの数カット。

とりあえず1コマだけ↓


ゲッサンchより

とは言え、この作品では満を持しての初登場。

『タッチ』を知っているとどこか感慨深いものがあります。

ただし人によっては↓

と言う人もいればそうでない人も↓

気になる人は是非、自分の目で確かめて欲しい。

スポンサーリンク

MIX11巻のMIXな感想

今回の上杉達也登場はビデオテープの中だけのものでした。

最終的には、

“上杉達也”“浅倉南”はどこかで出てくるんじゃないかな?と思ってます。

さて、『MIX』という作品の意味は最初、立花兄弟のことだけを言っているのかなと思っていました。

でもそうじゃなくて、

『タッチ』と『MIX』をMIXしてるんじゃないかな?とも思っちゃいます。

今回の11巻はそんなお話でした。

それとゲッサンの付録にある別表紙↓

これも達也と投馬のMIXと言っていいはず。

さらにMIXされたこの動画は(・∀・イイ!!


OfficeAugustaチャンネルより

わからないひとでも「タッチ」や「MIX」がなんとなくわかる。

それも漫画を見ているかのように。

そして、音楽もどこか(・∀・イイ!!

この記事のあとがき


『MIX』第11巻より
※上の動画(日高のり子出演)にあった場面です

にしても…

『MIX』ってスゲー面白いってわけではないんですけどね。

バックグラウンドに『タッチ』がちらつくので場面によってはニヤニヤできます。

|∀・)ニヤニヤ

『MIX』ってそんな作品なんです。

これからもそのニヤニヤを求めて続巻を待つとします。

おわり

12巻の記事はこちら
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

 - マンガ , , , ,