【ネタバレ】『君が死ぬ夏に』第5巻の感想!!沖浦香奈が怪しすぎる!?

      2018/03/15

↑これってもう犯人明かしてるんじゃ・・・

気を取り直して、『君が死ぬ夏に』第5巻、山野がピンチです。

真犯人かもしれない奴と閉ざされた部屋で2人っきりに・・・

正確には幽霊+1体なんだけどね(笑)

物語のあらすじとネタバレで展開します。

そのあとに簡単ですが感想と考察をしています。

ネタバレでも構わなければどうぞ!↓

スポンサーリンク

『君が死ぬ夏に』第5巻のあらすじとネタバレ

今回、第5巻直前のお話↓

沙希ちゃん(谷川さん)が制服姿のまま幽霊になっていることから、

谷川さん(沙希ちゃん)が“制服ネズミー”に行く7月24日を

殺人の起きる“Xデー”だと推測した山野。

さらに、西田さんの遺書からは他殺の証拠を掴み、

解決に向っているかにみえたその矢先、

犯人候補“ふくめん”と2人きりになってしまった――。

『君が死ぬ夏に』第5巻の裏表紙の紹介より

※この記事の表記も幽霊は“沙希”生きているほうを“谷川”で進めていきます

※制服ネズミー:ネズミーランドに制服で行き楽しむこと

[以下、ネタバレ注意!]

オープニング

“ふくめん”と思われる演劇部顧問の北島先生

その北島は演劇部の部室で山野を殺すのでは?

という雰囲気のあるシーンになる。

しかし山野は落ち着いてサラリととぼけてみせる。

北島の質問をかわし何事もなく演劇部室を去ることに成功。

ただし、北島の山野に対する警戒は強くなる。

その後のやりとりで演劇部部員の福岡が谷川をマークしていることがわかる。

山野は谷川にふくめんは北島だとやや断定ぎみに告げる。

そして未来を変えるには北島を逮捕に至らせる。

これがとりあえず今後の2人の目標になった。

香奈の不可解な行動

北島の逮捕にはまず、堀と北島の会話を入手することで北島の行動を把握することが必要と考える。

で、その計画内容はズバリ盗聴

その方法はピョン吉にICレコーダーを埋め込んで堀に持たせこと。

問題はどうやって堀に受け取ってもらうか?

と堀の家の前で考えているとそこから意外な人物が出てくる。

それは(沖浦)香奈だった!?

山野と沙希は香奈が堀と親しいことに驚く。

聞いてみると親しくなったのは10日くらい前からだと言う。

山野は「堀のことが好き(当然嘘)」だから誰かからは伏せてピョン吉を渡して欲しいとお願いする。

香奈は嫌がるも夏休みの宿題を写させることで了承させる。

しかし、香奈はピョン吉を非情にもゴミに出してしまう。

盗聴開始

翌日、山野はゴミに出されたピョン吉を発見。

香奈の行動に大いなる疑問を感じるもやり方を変えることにした。

ピョン吉を堀に持たせる方法その2↓

堀の弟・ともやに頼むこと。

これで堀にピョン吉を持たせることは解決。

回収は沙希がピョン吉に乗り移ってもらうことで可能に。

回収したレコーダーとは別のレコーダーをしこんでまた戻す。

これで常時盗聴が可能になった。

すると回収したレコーダーから見逃せない会話が出てくる。

電話で会話をする堀と北島(と山野は推測している)。

堀は北島に“西田は本当に自殺なのか?”

と疑問を投げかけている。

山野はここから少なからず北島を疑っている堀を見方に引き込むことを画策。

堀を引き込む

なんとか堀を見方に引き込もうとするが当然うまくいかない。

そこで山野は4巻で入手した西田の遺書の写しを堀に見せる。

そしてさらに詳しく説明して堀を攻略していく。

その材料とは↓

  • 遺書内容の西田が恋愛について悩んでいたこと
  • 堀と西田は恋のライバルであること
  • 恋の相手(北島?)が関係しているかもということ

堀は西田と恋のライバルであることを認めるが相手については口を閉ざす。

山野はあくまで「西田は自殺」というスタンスを保ちつつでも他殺の線も否定できないという理由で堀に協力をお願いする。

無理かな?と思ったがあっさり堀は引き受けることとなった。

やはり好きな相手に対する疑念が100%晴れないことが決定打になったようだ。

谷川ピンチ!?

その後、盗聴の様子として堀が“山野サイドのことは話さないよう”に会話相手とやりとりしてくれていた。

どうやら堀を信用してもいい模様。

しかし夏休みの現在、谷川の第1のピンチ・赤点で北島による化学の補習がまっていた。

山野は沙希が制服姿で亡くなっていることからこの補習の間に危険を感じている。

この補習は1回で乗り切ることが重要と考える。

※補習後のテストを合格すれば以降は出席しなくてよい

しかし、谷川は化学に自信がない・・・

さすが赤点・・・

ここで谷川はカンニングをするといってくる。

というわけで山野がこれに対してうまい対策を講じる。

続 谷川ピンチ!?

山野は谷川のカンニングに現代科学と科学では説明できない現象で対策。

用意するもの↓

  • 幽霊1体(沙希)
  • 山野の学力
  • ブルートゥースのイヤホン
  • イヤホンに声を届けるスマホ

補習が終わりそのテストの際、沙希は谷川がいる教室と山野がいる隣の教室を行き来。

これでテストの問題を山野に教える。

これを山野が解いて谷川がしているイヤホンにスマホでリアル通信。

山野は手ごたえから80点は堅いと思われた・・・

※合格ラインは60点

が、結果は59点・・・

谷川は北島に抗議するが逆に疑われる始末。

もう一度解いてみろと言われてピンチに・・・

そこへ、山野登場。

答案を見ておかしいことを指摘。

北島は俺のミスだと言って誤魔化す・・・

つか20点以上もミスする先生の採点ってなんだよ(笑)

しかし北島もこれだけでは引き下がらず、夏休みなのに部活もやっていない山野が何故ここにいると質問。

山野はすかさず“谷川は彼女”だから会いにきたと言って事なきを得る。

この男、嘘八百言わせたら天才だな・・・

しかしこの行動は、北島の2人へのマークを強くするだけになったのかもしれない・・・

特に谷川へのなんらかの執着があるのは間違いなさそうだ。

香奈の視線


北島からの危機をすり抜けた2人はその安堵からお腹が減りレストランへ行く。

そこでばったり香奈笹倉に出会い4人で食事をすることになる。

山野はピョン吉を捨てたことを香奈に問いただしたいが今は無理がある。

香奈は何気なく谷川に夏休みの予定を聞く。

谷川は24日に“制服ネズミー”に行きたいと思っていると答える。

ただし山野の指摘もあるため迷っている段階。

※Xデーの可能性があるため

このやりとりはこの巻の重要なやりとりなのかもしれない。

食事を終え、山野は谷川を送っていくという2人を香奈は鋭い視線で見ていた・・・

素晴らしき勘違い

山野と谷川の帰り道。

ふくめん(北島?)がどうでるかわからないため、山野は谷川に制服ネズミーを保留にさせる。

谷川と分かれたあと沙希と相談して堀に電話をする。

意図は↓

  • 堀が北島に聞いた谷川情報についてちゃんと教えてくれるか
  • 堀の好きな相手(北島?)の7月の予定を聞いてもらう依頼

堀は北島が知っている谷川情報(嘘は言っていない様子)も教えてくれたし、依頼も了解してくれた。

今のところキチンと協力はしてくれている。

そしてその日もICレコーダーを回収。

聴こうと思ったが山野はあまり寝むすぎて確認を沙希に頼んで寝てしまう。

が、こともあろうに幽霊である沙希も寝てしまう

その間に重要な会話がなされている・・・

堀の電話の内容↓

①香奈との会話で

北島の予定が24日は空いていることがわかる。

香奈は出かける場所にネズミーランドを強く推してくる。

これは間違いなくレストランで谷川に聞き出したからであろう。

②北島に24日のお出かけは

ネズミーランドでどうか提案してみるとあっさりそれに乗ってきた。

ここから沙希が起きてその後の北島の予定が帰省であることを聴く。

それ以前の会話を思い切り取りこぼしてしまった・・・

そして翌朝、沙希はその内容が全容であると思い込み山野に伝えてしまう。

2人?は完全にネズミーの日が安全であると勘違いをしてしまう・・・

本当に香奈か!?

堀に電話をして相手(北島)の予定をわざとらしく聞き出す山野。

やはり“帰省”だというので嘘は言っていないということで落ち着く。

ただし、堀は「ネズミー」については尾行を懸念して話さなかった・・・

これで山野たちの勘違いは完全に固まってしまう

どうにも釈然としない山野のもとに香奈から電話がくる。

香奈はご近所さんなので家の前で話すことに。

ご立腹な香奈は山野に切り出してくる。

堀が好きなはずなのに谷川と仲良くしているのは何なんだと?

最低だとも言ってくる・・・

腹を立てた山野はついに聴きたかったあのことについて言う。

なぜぬいぐるみを捨てた?

そのことが山野にバレていたことで、香奈は人が変ったかのように言ってくる。

香奈:覚悟して聞きなよ

・・・

山野:え・・・

スポンサーリンク

『君が死ぬ夏に』第5巻の感想と考察

第5巻の感想

この漫画、毎回のことですがいい所で終わっちゃいます。

ただし、かなり思わせぶりな感じだけど・・・

だからこのラストのシーンのセリフって「堀さんは北島先生が好きだから諦めなさい」とかそんなレベルのことかもしれません。

一応、女にダラシナイ男が本当にイヤみたいだし・・・

ただ、物語もかなりいい所まできているのでこんな言い分でいい訳がないとも思っちゃいます。

そういう意味では真相手前の巻だと思うのでその考えを裏切って欲しくもありますね。

それにしても香奈が今回の件にどれほど関わっているのか・・・

今回、この巻で新たに謎を増やしてくれましたね(笑)

ネズミーを強く推す理由がどこにあるのか今後が楽しみです。

現段階での考察

今回でふくめんは北島であることがほぼ確定しました。

ただこれ本当に事件のふくめんと一致しているのでしょうかね?

なんか「ふくめん」というワードで読者をミスリードさせているようにも思えます。

この巻では北島の出身が九州であるともわかりました。

登場人物に福岡がいますがそれは関係ないのかな?

もし北島の出身地が明太子で有名な福岡だったら・・・

など変な予想をしてしまってる自分がいます。

それに犯人が単純に北島ならこの漫画はスゲーつまんないでしょ?

どちらにしてもまだまだ情報不足と僕の推理不足ではあります。

でも、5巻で気になることが1つありました。

それは巻の後半、演劇部室で見た小道具のラブレター

あれって4巻の西田の遺書に関連したもののように思えます。

なので亡くなった西田は演劇部に関わりがあった!?のかもしれない。

それとその時、福岡は再度山野を演技部に勧誘しているのだが自信がないという山野に対して・・・

「何事も一度やってみちゃえばわりとできるもんだよ」

と言います。

これは“殺人”も?と深読みしたくなった・・・

なので僕は個人的には北島よりも福岡のほうがかなり気になりますね。

あとがき

さて、とりあえずふくめんが誰かわかったけど謎が全然回収されてませんよね。

次の第6巻ではXデー!?である24日に向けてネズミーランドを下見するようです。

つまり、24日より前の日が舞台のようです。

となるとまだまだ引っ張りますねこの物語は(笑)

第6巻の発売は2018年3月9日予定です。

楽しみに待ちましょう。

おわり

つづきはこちら

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

 - マンガ , , ,