【ネタバレ】『よう実』第12話Aパートの感想!!試験結果がおかしいぞ!?

      2017/10/05

取らぬ狸の皮算用。

『よう実』最終回Aパートはこの言葉がぴったりです。

試験が終わって、試験結果が出ました。

そこには笑える結果が待っていました・・・

( ´,_ゝ`)プッ

ついにこれまでのサバイバルで起きた謎が解明されます。

が、第12話は濃すぎるので記事を2つに分けました。

今回はそのAパートからです。

何が狸のなんちゃらなのか↓

スポンサーリンク

『よう実』第12話Aパートのあらすじやネタバレ

1階層分上に住んでいる者・・・

それが誰なのかを思い知る最終回↓

オープニング

伊吹は気絶している堀北を尻目に

奪ったキーカードを手にして、

あの目印のある木の下へ戻ってくる。


伊吹は一瞬、違和感を感じながらも

土を掘り返しそこから無線機を取り出す。

Dクラスのキーカードを手に入れたことを無線の相手に伝える。

恐らく相手は龍園


場面変って、Aクラスの葛城。

無線機で相手に「そこで合流しよう」と言う。

この相手も龍園と思われる。

そして、葛城は皮算用で今回の試験の

最終的なポイントの計算していた。

全く、検討違いとも知らずにほくそ笑んでいた・・・

( ´,_ゝ`)プッ

堀北目覚める


伊吹に倒されていた堀北はしばらく経って目覚める。

そばには綾小路がいてボロボロの堀北に残酷にもこう言う。

「リタイアすべきだ」と。

綾小路は伊吹とキーカードについてはなんとかすると言うが、

堀北はこの失態の挽回をしたいと悔しそうに言う。

なぜそこまでしてAクラスにこだわるのか?

綾小路の問いに堀北は「兄に認めてもらいたい」ともらす。

さらに今回の失態は

仲間がいれば防げていたかも、

でも友達なんていないからと堀北は悲しそうに言う。

さすがの堀北も仲間の必要性を訴える。

失態を取り戻すのは堀北1人では無理だから

綾小路は俺が手を貸してやると言うと

「あなたはそんなことを言うひとじゃない・・・」

そう言って堀北はまた眠りに落ちいていく。

堀北の離脱


綾小路は堀北をかかえて教員達のいるテントへやってきた。

熱を出して気を失っているから休ませてやってくれと茶柱に頼む。

茶柱は堀北のリタイアに何かを思う・・・

堀北のリタイアはすぐにDクラスにも伝わり

女子連中がおしゃべりに余念がない様子。

そんな集団の離れで綾小路は平田に要点を伝える。

  • 伊吹にキーカードを見られたこと(てゆか、盗られているんだが・・・)
  • 伊吹はスパイで軽井沢のパンツも取っただろうこと

パンツの件は本当に伊吹なんだろうか!?

解せない・・・

そんなことより平田はうなだれる。

堀北のリタイアによる失点、

そしてリーダーを当てられることによるさらなる失点。

失点による責任のなすり付け合いが始まると予想。

それに綾小路は“魔女裁判になる”と平田をあおる。


平田は今回の試験でDクラスの絆を深める場にしたかった。

しかし、こんなことではもう終わりだと肩を落とすしかなかった・・・

そんな平田に綾小路は頼みたいことがあると言い出す。

試験最終日、試験終了と龍園


各クラスの拠点にそれぞれの担任が試験終了前に

他クラスのリーダー当ての用紙を渡してきた。

当然だが、Cクラスに生徒はいない。

※ちなみに無理やり参加する必要はない

Aクラス葛城は自身満々のご様子。

Bクラス一之瀬と神崎はリスクをとるよりはと辞退。

Dクラス、茶柱から用紙を受け取りそれを見ている平田を鋭い視線で見る綾小路。

そして、海岸で全生徒と先生があつまり

Aクラス担任の真嶋から試験終了の宣言がなされた。

そこに「勝手に終わらせてるんじゃねえよ」と声がかかる。

てゆか、先生に向ってその口のきき方は・・・

ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

ペナルティでもいいんでない?


龍園である。

リタイアしたはずのやつが

汚い姿と無精ひげであらわれたのだ。

そして龍園に葛城がご苦労とねぎらいの言葉を述べる。

実に満足そうな葛城。

Aクラスは500以上のポイントを手にすると思っているため上機嫌である。

しかし、龍園は「今から面白いものが見られるぜ」と言う。

何も知らずにまた検討違いなやつ「その2」である・・・

まあ、面白いものが見られるのは確かなんだが(笑)

龍園による回顧①

ここから龍園による試験初日からの回顧が始まる。

回顧初日、龍園がAクラスと契約を交わしたことが語られる。

まず龍園が葛城に提案したこと。

・洞窟に暗幕をはり中に物資を隠せば、

他クラスに作戦がバレることないということ。

つまり、↓Cクラスから受け取る物資について不振に思われなくする目的かと。

契約内容(1)

Cクラスの200Sポイント分の物資をAクラスに譲渡すること。

購入物資はAクラス側で選定。

契約内容(2)

他クラス、つまりBクラスとDクラスのリーダー情報を

つかんでAクラスに伝えること。

※文章は要約しています

つか、これじゃCクラスのうま味がないよ・・・

が、これは後ほどカラクリがわかる。

ただし、②について葛城が提案。

言葉じゃ信用ならんのでキーカードを写したもの

または現物を用意しろという条件を出してきた。


龍園はそれを了承。

伊吹と金田をわざと痛めつけDクラスとBクラスへ潜入させる算段を整える。

なるほど、やはりスパイしやすいための芝居だったんですね。

(。 ・ω・))フムフム

回顧2日目、残っていた100Sポイントを全て豪遊に使う。

伊吹と金田を残させてCクラス全員をリタイアさせる。

そして、龍園は1人で島に潜伏することに。

その間にAクラスの坂柳派の1人とも秘かに通じていた。

そいつはスポットをわざと誤占有してポイントを減らし

Aクラスのリーダーを龍園にもらしていた。

※この正体はBパートで

龍園による回顧②

回顧6日目、想定外として伊吹が持っていたデジカメの故障。

これによりキーカードの現物を手に入れて

龍園と葛城が直接確認しに行くという手間があった。

回顧最終日、龍園は森の中でこっそりとCクラス担任坂上と会う。

そこで坂上から金田と伊吹がリタイアしたことを知らされる。


そこで龍園はリーダー当ての用紙を受け取り

名前を書いていく。

Aクラスは戸塚弥彦(葛城のそばにいた人物)

Bクラスは白波千尋

誰だっけ!?(笑)↓


そしてDクラス、堀北鈴音


これで全クラスリーダーを当て、スポット占有のボーナスを足して

Cクラスがトップになるだろうと皮算用・・・

つか、リタイアしてるのに

リーダー当ての指名が出来るとかどうなの?

もっと言うとクラス全員がリタイアしてるのに

その上でポイントが加算されるこの試験てどんだけ~!?

なんのためにあれだけの細かいルールがあったんでしょう・・・

まあ、物語的には「盲点をついた」ということなんでしょうけどね。

細かいルールについてはこちらの前半で語っています↓

回顧から龍園登場シーンへ場面は戻る。

龍園は「俺の勝ちだ・・・」

と心の中でかっこよくキメていた。

ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

試験の結果発表

Aクラス担任の真嶋から試験の結果が発表される。

まずは最下位から・・・

最下位はCクラス 0ポイント


龍園は発表とともに目を丸くする。

m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーハハ八八

3位はAクラス 120ポイント

葛城も動揺を隠し切れない・・・

。゚(゚^Д^゚)゚。ギャハハ八八ノヽ

2位はBクラス 140ポイント

そして1位は言わずもが・・・

Dクラス 225ポイント

Σ(・ω・ノ)ノ!


あまりの結果に呆然とするDクラス。

唖然とする他多数。


堀北は豪華客船の船内のテレビから

この模様を観ていたが、ただただ驚いていた。

スポンサーリンク

『よう実』第12話Aパートの感想とBパートへ向けて


結果が出てもいないのに、

龍園と葛城の皮算用はあまりに滑稽でした。

( ^∀^)ゲラゲラ

しかも協力関係にあったのに最下位と3位。

m9(^Д^)プギャー

これに関してはうまい順位づけだなと思いました。

ただ、Cクラスの伊吹と金田がスパイであることを

前々回の記事で予想して今回当たりましたが、

パンツを盗んだのは伊吹と綾小路は言いました。

ここだけは少々納得がいきません・・・

本当に伊吹かなあ!?

まあ、それは置いといて

Bパートでは何故Dクラスがトップになれたかがわかります。

裏で働きかけたのは当然、綾小路です。

一体、どうやってDクラスをトップに導いたのでしょう?

そして、最後には恐ろしい素顔が暴露されます・・・

スポンサーリンク

 - アニメ , , ,