【ネタバレ】『よう実』第11話の感想!!堀北がサービス含めで大活躍!?

      2017/09/29

裏切り者が判明か!?

『よう実』第11話はそんな話ですね。

前回のパンツ事件のせいで

Dクラスの男女はすこぶる仲が悪くなってしまう。

そんな中、さらにDクラスはトラブルが巻き込む・・・

そして、今回は堀北が大活躍!?

サービス!?そしてサービス!!

いやそれは置いておいても、

意外な面を見せます!!

さて、試験も後半戦へ突入↓

『よう実』第11話のあらすじやネタバレ


もうこの物語は愚行だらけである・・・

スポンサーリンク

オープニング

Dクラスは、

前回のパンツ事件のせいで女子から信用がない男子。

女子は男女でエリアを分けろと言ってくる。


お互いブーブー言うがとりあえずテントを移動しようということになった。

女子からご指名で平田だけがテント移動作業に・・・

と思ったが堀北から異論が出る。

平田だって男なのだから信用ができない。

ならもう一人増やせばいい・・・

堀北ご指名は当然・・・ 綾小路であった。

伊吹デレる!?

テント移動完了をすると、

綾小路のもとに伊吹がやってくる。


伊吹はパンツ事件に関して疑っているかを聞いてくる。

綾小路は信用するとストレートに言う。

その回答に少し照れる伊吹。

(・∀・)イイヨイイヨー


綾小路はこの試験で最初に伊吹に遭遇した木の下にやってきた。

あの時、顔を腫らしていたのはわかるが、

手が土だらけになっていたことが解せなかったようだ。

綾小路はその木の下を掘り始めた。

ほどなく何かを見つけることになる。

堀北は具合が悪い!?

夕方、一人でテントの番している綾小路のもとに堀北が顔を出す。

善意と悪意は表裏一体だから信用しないとかそんな話をする堀北。

が、綾小路が突然言う。

「そろそろ白状したらどうだ?」

堀北はとぼけるが、

そんな彼女に綾小路は試験が始まってから

ずっと体調が悪いだろと指摘する。


さらにとぼける堀北だったが、

綾小路が堀北の額に手を当てると・・・

38℃近いなと推測する。

まるで人間体温計・・・

さすがに見破られたことを観念したのか

堀北は本音を言い出す。

もう5日も我慢したのだからリタイヤなんて出来ないと。

今回、この我慢が後に響いてくる。

試験6日目突入!!

天候が悪化しそうなこの日、

食料確保班の綾小路、池、堀北は川で魚を捕まえにきた。

つか、随分都合のいい班だな(笑)

ここで綾小路は堀北にキーカードを持っているなら

こっそり見せてくれないかと言い出す。

初日にAクラスの葛城がそれらしきものを持っていたの見たから

それと同じものか確認したいと説明する。


堀北はジャージのポケットから

そっとキーカードを綾小路に見せる。

綾小路「いや~どうかな、見ればはっきりするかと思ったけど・・・」

なんていい自信が持てないそぶり!?をする。

これはどう見ても綾小路の演技だと思える白々しさがうかがえる。

堀北は全く疑いもしていない。

これは今までの彼女に対する綾小路の実績がそうさせているのだろう。

山内の謎行動


そんなヒソヒソのやりとりに山内が近づいてきて、

こともあろうに泥を手に取り堀北の頭にのせる・・・

山内「ほら泥だらけだぞ、泥北!?」

エッ?(゚Д゚≡゚Д゚)エッ?

なんだこの山内の謎行動は・・・

周りにいた櫛田や伊吹も唖然とする。

( ゚д゚)ポカーン

山内はこのあと当然のように怒った堀北に

川へ投げ飛ばされることになったとさ・・・

ここで綾小路は指摘する。

「殺す気か?(俺が)カバーしなかったら山内の頭蓋は割れていたぞ」

堀北は無視して行ってしまう。

堀北のサービスシーン

山内のせいで汚れてしまった堀北は

とある水場で泥を落とす・・・

てゆか、このシーンがやりたいためだけに

山内の謎行動があったのでは!?と疑ってしまう・・・

( ̄Д ̄ )

それではサービスシーンをどうぞ↓


もう、特に言うことはないっす(笑)

スポンサーリンク

堀北ピンチ!?

焚き火の番をしている綾小路のもとに堀北がやってくる。

綾小路、番多いな・・・

堀北はここでは話せないことがあると森の奥に綾小路を誘う。


そこで堀北は告白する・・・

「盗まれたのよ・・・」

綾小路はおまえの下着がとか言いだしちゃう。

はい、盗まれたのはキーカード

綾小路はとりあえずみんなには隠しておけと言う。

具合の悪い顔で堀北は疑っているのは2人だと推測する。

その2人とは、軽井沢伊吹

しかし、綾小路は軽井沢については否定する。

彼女にはアリバイがあることを確認しているため。

消去法から伊吹ががぜん怪しくなる。

突然の放火騒ぎ、そして・・・

堀北が森で座り込んでいると

Dクラスの拠点の方角から煙が上がっているのが見える。

堀北は急いで帰ると・・・


今回の試験マニュアルが燃やされていた。

火はほどなく消されたが、誰がやったかは不明。

堀北は伊吹を見たがうろたえぶりから彼女は違う?

と判断。

Dクラスの男女はまたもケンカになる。

クラスの仲も天候も悪くなっていく・・・

そんな中、櫛田が指摘する。

伊吹がいないと・・・

Dクラスのみんながさっきまでここにいたのにとわれに返る。

Dクラスの疑いは完全に伊吹へ向く。

雨が本格的に降り始める。

池が話し合いは後だと平田に指示をうながすが・・・

だが、平田の様子がおかしい。


なんで・・・ 僕は悪くないのに・・・ こんな誰が・・・

とうつむいてブツブツ言っている。

綾小路がツッコミ現実に引き戻す。

平田は雨が降っていたことすら気づいていなかった。

平田は雨対策の指示をクラスメイトに出していくのであった。


綾小路はさてと言って何かを始めようとする・・・

またあの施設の回想へ


ここで綾小路の子供のころの回想に入る。

あの原作を読んでいる人たちはホワイトルームと呼んでいるあの部屋。

その部屋には沢山の子供たちがいたが

時間の経過とともに子供が減っていく描写がなされていく。

どんどん減っていき・・・ 最後は綾小路だけ・・・


そして、牢屋に入れられた?・・・

続堀北ピンチ!?

堀北はその満身創痍の身体で森を走っていた。

伊吹を追って。

そして伊吹と綾小路たちが最初に遭遇した木の下に彼女は立っていた。

遅かったわねという伊吹。

一連の騒動の犯人はあなたねと問い詰める堀北。

しかし、伊吹は証拠がないとのたまう。

堀北は盗ったものを返せとその重い身体で言う。

雨と森を走ったせいで身体の調子がすこぶる悪化している。

伊吹はさらにとぼける。

最後の警告だと言う堀北に伊吹はリュックを地面に置き

好きにすればと言うが堀北が調べようとすると・・・

宙返りの蹴りを浴びせてくる。

はい、やっぱり伊吹スパイ確定!

堀北はそれを寸でのところで防ぐ。


カポエラでもやっているのか!?

というくらいの伊吹の蹴り技の連続。

ついに堀北は倒されてしまう・・・

そこで伊吹は頑張ったご褒美だと

キーカードを持っていたことバラす。

ここで気になるのが「キーカードを盗んだのは」自分だとと言う。

となるとやはりパンツ窃盗は伊吹ではない!?


立ち上がった堀北は伊吹の腹に一発見まう。

地べたに四つんばいになった伊吹は気になること話し出す。

伊吹「わたしはてっきりおまえが一枚かんでいると思っていたんだけどね・・・」

「さっきの放火」

ここで堀北の頭に綾小路の姿が思い浮かぶ!?

その油断に堀北は伊吹に再度、蹴り倒されてしまう。

堀北はそのまま意識を失う・・・


そして、森の中で伊吹はある人物に会って言う。

「お望みの品・・・ 手に入れたよ」

『よう実』第11話の感想と第12話に向けて


うーん、黒幕と事の真相がわかりませんでした・・・

僕の知り合いが最終回はサービス回みたいなことを言っていたので

無人島編は今回で決着がつくと思っていました。

まあ、今回サービスあったけど(笑)

とにかく、伊吹がやはりスパイでしたね。

Dクラスのキーカード盗み → 伊吹

じゃ、パンツ事件と放火は?

伊吹に蹴り倒される直前の堀北の頭に浮かんだ綾小路・・・

ということは 放火 → 綾小路!?

パンツ事件は?

今回を観てなんとなく平田じゃないような気がしてきました。

軽井沢のパンツ盗み → ???

これは今回の件にあまり関係がないかもとか思い始めてます。

伊吹を積極的にDクラスの拠点に誘ったのは山内です。

パンツが盗まれたらしき描写があったとき

伊吹のそばのリュックが盗まれました。

でも、あれが軽井沢のものであったら?

軽井沢のパンツ盗み → 山内!?

この事件の落ちに使われるんじゃと深読みしてしまいます・・・


KADOKAWAanimeのチャンネルより

どちらにせよ、僕をふくめ原作組でない

アニメ組は次回でその真相がわかるでしょう。

放火犯は?パンツを盗んだのは?黒幕は?

そして、綾小路は地面を掘り返して何を見つけたのか!?

楽しみに次回を待つとします。

おわり

スポンサーリンク

 - アニメ , , ,