【ネタバレ】『よう実』第10話の感想!!パンツ盗んだの誰よ!?

      2017/09/21

パンツが盗まれました!!

すいません、『よう実』第10話です。

無人島でのサバイバル生活に入った生徒達。

そんな中おちこぼれDクラスはよくやっていると言っていいでしょう。

しかし、この協調性を乱すもの…

それが高円寺

ピンピンしているのに体調不良を理由にリタイア…

Dクラスはいきなり30Sポイントを引かれ270Sポイントになる。

しかし、これはDクラスの試練の始まりにすぎないでしょう。

第10話の予告映像では、

綾小路が問題のパンツらしきものをにぎっていたし(笑)↓

KADOKAWAanimeのチャンネルより

さて、その試練を確認していくとします↓

『よう実』第10話のあらすじやネタバレ

裏切り者というワードがありますね。

誰が今回の裏切り者になるのか!?

また「己れ自身の内部にかくしているところのもの」って

綾小路のことを言っているんじゃないの?

スポンサーリンク

[以下、ネタバレ注意!]

オープニング


6話以来の過去のある施設らしき風景。

殺風景な教室らしきところで高校レベルの数学に挑む子供達。

幼き綾小路は頭を悩ますそぶりすらない…

そこで子供達の監視者らしき1人が綾小路の前にきて言う。

「清隆、よく憶えておけ

力を持っていながら、それを使わないのは…

愚か者のすることだ!

どうも原作を知っている人はここを

ホワイトルームと呼んでいますね。

そして綾小路は幼少のころから自分の能力を隠していた模様。

Bクラスを偵察

Dクラスのリーダーは前回、堀北に決まったが

実質うまく取り仕切ってるのは平田だった。

おかげでDクラスとはいえなかなかのまとまりを見せている。

手の空いている綾小路と堀北は他のクラスの偵察へ向う。


まずはBクラス。

滝をメインとした場所を拠点にしており、

思っていた以上の統率を見せていた。

ここで堀北は「Dクラスの上位互換」と評価。

ここでひとつ気になること↓


Cクラスの人間が1人いること

Dクラスでも同じことがあったよね!?

Aクラスを偵察

前回、葛城が占有した場所に

シートを張って入り口を隠しているAクラス。


堀北は強引にお邪魔するわと言って入ろうとする。

そこで葛城が現われて言う。

「遠慮せずに見ればいい、ただ覚悟はしておくことだ」

気づけば綾小路と堀北をAクラス数人が囲んでいた…

やむなくここをあとにする2人。

Cクラスを偵察!?


Cクラスは海岸を拠点としていたが…

そこはまるで大学の遊び系サークルのような光景だった。

2人は龍園と話をする。

ここで堀北は指摘をする。

  • 初日で全てのSポイントを使っただろうこと。
  • そして、自分のクラスの伊吹を痛めつけたこと。

龍園はその通りだと言う。

全ポイントを使った上で伊吹がどうなろうと

マイナスが存在しない以上なんの影響もないと豪語する。


そして龍園は下品な笑いを浮かべ堀北を見る…

Cクラスの拠点を後にして、

堀北は「自滅してくれて助かるわ」とグチっぽくこぼす。

だが、綾小路は「龍園は1週間乗り切るなんて考えていない」と言う。

つまりは前回、高円寺がやったようにリタイアすればいいと。

堀北は理解不能と言う。

綾小路は「0ポイント作戦か…」

「面白いな」と心の中でつぶやく。

スポンサーリンク

試験開始3日目の夜~4日目


何者かが伊吹の寝床のそばからリュックを盗む。

リュックの中身から何かをさぐる…

翌朝からもDクラスは順調にサバイバルをこなしていく。

綾小路は佐倉と森へ探索に出かける。

佐倉は満足そうに綾小路に言う↓

2人がCクラスの拠点に来て見るとそこにはBクラスの一之瀬と神崎がいた。


そしてそこはもうCクラスの人間は誰もいなくなっていた…

もう綾小路の予想通り!

神崎はこの試験はプラスを重ねることが目的であり、

それを放棄した時点で龍園は負けでもあると言う。

まさに堀北と考えが重なる意見。

ここで何かを察知したかのように綾小路が一之瀬に質問する。

それはAクラスの葛城について何か知らないか?と。

Aクラスの葛城と坂柳はいわば、保守派と革新派であるようで

意見がよく分かれ対立する仲であるのだとか。

今回、坂柳は試験を休んでいるため

実質、Aクラスを仕切っているのは葛城になる。

綾小路は坂柳に興味を持ち始める。

試験開始5日目

朝からDクラスの女子が騒がしい…

男子に早く起きろ!とうるさい。


何事かとみんな集まる。

そして、男子に告げられる。

軽井沢のパンツがなくなったと…

軽井沢はテントの中で泣いている…

結局、女子の言い分は男子が夜中に盗んだ

という見立て。

当然、男子達は反論するが女子連中は納得がいかない。

平田が男子の持ち物チェックをするということで女子を説得。


で、困ったことに前回大活躍の池のリュックから軽井沢のパンツが出てくる…

池は「俺じゃない!」と主張。

まだ女子にはバレていない。


そこで池はなし崩し的に綾小路にパンツを押し付ける。

綾小路はとっさにポケットにパンツを隠す。

男子のリュックから当然パンツは出てこない。

が、女子は納得がいかないので身体検査を要求してくる。

平田が綾小路を調べ始める。

綾小路、絶体絶命…

が、平田は何かに気づきながらも綾小路にもOKを出す。

平田はなんとか女子を納得させるのだが…

平田の頼み

その後、綾小路は平田を拠点の離れに呼び出す。

そこでパンツを持っていることを告げる。

そして、自分ではないとも言う。

平田はそれを信じると言ってくれる。

平田はパンツを預かると言って綾小路から受け取る。

もし見つかっても軽井沢の彼氏だからダメージは少ないだろうと言う。

そこで平田は改めて綾小路は犯人じゃないと信じると強調する。

その上で綾小路に犯人捜しを頼んでくる。

そして犯人がわかっても自分だけに教えて欲しいとも言う。


「こんなことで壊したくないんだ…」

さらにさわやかな笑顔でこう付け加える。

「だから、君にも協力して欲しい」

なんだ、この誰得なキャラは!?

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

『よう実』第10話の感想と第11話に向けて


はい、ぼくもこのツイートにほぼ同意したいですね。

つまりは…

伊吹はDクラスのスパイ。

Bクラスにいる奴もスパイ。

で、疑問に思うのは伊吹はCクラスからはぐれただけなのでは…?

と一見思いそうですが以下のツイートが的確な感じがします↓


それに前回のオープニングを思い出して欲しい。

Aクラス葛城とCクラス龍園が秘密のやりとりしてるシーンがありました。

お互い大して気の合っていない同士の協力なのだから、

両者が「WIN!WIN!」でないとおかしいのです。

だから今回の特別試験、

BクラスとDクラスを引きずりおろす構図になっていることが自然でしょう。

んで、パンツを盗んで池のリュックに入れたのは誰?

ネットでは平田犯人説が結構ありますね。

伊吹はあの時寝ていましたからね~…

まあ、3バカではないでしょう…

なら消去法からもやはり平田でしょうか!?

それとも伊吹の寝床から摂られたものはまた別物!?

僕は、犯人は平田か伊吹どちらかだと思います。

(´ヘ`;)ウーム…

あと今回の裏切り者というワード…

これは綾小路に適用されるんじゃないかなと思います。

そうじゃないと今回のオープニングにあの施設の回想を入れる必要がありません。

次回あたりに大きな裏切りがあってもいいのでは?

と勝手に深読みしました。

さて、第11話は↓


KADOKAWAanimeのチャンネルより

「しかし、概して人々が運命と呼ぶものは、大半が自分の愚行にすぎない。」

運命とはこの場合、悪い意味のことでしょうね。

そして、それが自分のせい!?

他人に迷惑を掛けられるのも自分のせい!?

うーん、どうなることやら…

とりあえず11話を首を長くして待っていましょう。

おわり

スポンサーリンク

 - アニメ , , ,