ようこそ実力至上主義の教室へ第3話のネタバレ感想!!あのヒロインが豹変!?

      2017/08/22

さて、『よう実』第3話です。

前回、主人公の所属する落ちこぼれDクラスに驚くべき結果が…

どう考えても中間試験で落ちこぼれに相応しい点数をとると思われていたのに…

なんと結果は上々。

このツイートはある意味正解と言っていい。

第3話は何故Dクラスが高得点を取ることが出来たのか。

そのカラクリのネタバレと…

一番の焦点↓


おっ〇い要員ヒロイン、櫛田桔梗の意外な一面が明らかになる回となりました。

さてその内容とは↓

スポンサーリンク

『よう実』第3話のあらすじとネタバレ


前回、才能を隠していたのは主人公の綾小路でしたね。

今回も取引をするのは主人公なのか?それとも別の人間なのか?

オープニング

中間試験の出来すぎた結果にDクラスは歓喜していた。

特に堀北じゃないヒロイン・櫛田はクラスの落ちこぼれから感謝されまくっていた。


俺達の天使だとかなんとか…

天使なんてそうそういないから(笑)

あなたも気をつけてね~

そんなクラスの浮かれぶりを見ながら堀北は綾小路に問う。

堀北「あなた… 一体何をしたの?」

テスト3日前

櫛田に頼まれてDクラスのやばい落ちこぼれ須藤を探していた綾小路だったが…

須藤はCクラスのガラの悪い奴らに絡まれていた。


そこにBクラスの一之瀬(画像左下)が止めに入る。

ガラ悪リーダー格は龍円(画像右下)というらしい。

そして一之瀬は暴力沙汰は見過ごせないとかなんとか。

いざこざはなんとか収束。

だが、ここでも須藤がクラスの足を引っ張りそうな不安要素満載…

綾小路と櫛田は学食へ。

昼間の食堂、3年生でDクラスと思われる先輩男子と接触。

それは只だけど美味しくないメニューがお盆にあることから判断したようだ。

綾小路はこの先輩と取引を始める。

ポイントに困っているならテストの過去問と交換にどうですか?と。

取引の末、小テストも含め15,000PPtで成立。

綾小路の学生証端末に届いた小テストの内容が最近受けたものと一字一句違わず同じだった。

キタ━(゚∀゚)━!

このことから中間テストも同じ内容であるだろうと推測。

これを須藤をはじめとする落ちこぼれ達に前日に見せようと画策する。

前日にネタバレすることで必死に暗記するだろうという狙いからだ。

ただし、入手したことにして教える役目は櫛田ということにして。

上で天使と言われた理由はこれだったかとわかる。

それにしても綾小路のキレ者ぶりはここでも冴え渡る。

で、オープニングの続きへ

Dクラスの歓喜は櫛田の手柄と共に。

担任の茶柱先生は意外にも感心したことを隠さない。

でも、赤点が1人いることを発表する。

それは須藤…

なんと1点足りなかった…

Σ(゚Д゚;)ゲゲッ

つまりこの学校のルールでは須藤は退学確定…

クラスから抗議の声もあるが、

茶柱は救済措置はないと言う。

唖然とする須藤…

( ゚д゚)ポカーン

第3話最大の取引


前回は3年の先輩との取引。

だが、今回は一筋縄ではいかない相手・茶柱佐枝が相手。

あの後、屋上に向った茶柱をトイレと言って教室を出て追ってきた綾小路。

もちろんお題は須藤の退学取り消し。

綾小路は学生証端末を手に茶柱に向って交渉する。

綾小路「須藤の英語の点数、1点売って下さい」

茶柱は笑いながら100,000PPtで売ってやると言う。

綾小路の所持ポイントは62,110PPtしかない…

これもルールだと笑う茶柱に「私も出します」と声が掛かる。

その主は堀北だった。

これでなんとか須藤の退学を回避することができた…

茶柱はカッコよくタバコをふかしこう言う。

茶柱「学校史上、1度たりともDクラスが上に上がったことはない」

「それでも足掻くつもりか?」

堀北はそれでも上がりますと言うが、

茶柱は担任として楽しみにしようと笑いながら立ち去って行くのであった。

スポンサーリンク

恐ろしき仮面の下

退学を免れた須藤を含めた3人と、堀北、櫛田を入れて祝勝会が開かれた。

綾小路の部屋で(笑)

そこで話題は須藤退学取り消しの話題になった。

そこで綾小路がでっち上げる。

堀北が学校側と掛け合ってくれたんだと。

そこで会の主役は一気に堀北のものに。

それを面白く思ってない人物が1人…

会も終わりになり、最後に櫛田が片づけをして帰っていく。

携帯を忘れていった櫛田のあとを追う綾小路。

おかしい… 男子学生より上層階の女子がエレベーターで下がっていく。

櫛田はそのまま夜の公園へ、綾小路はそれをつけて行く。

海が見える手すりまでくると櫛田は櫛田じゃない声と態度で手すりを蹴りまくる。

どうやら堀北の存在に腹を立てているらしい。

そこにはあの可愛らしい櫛田の姿はなかった。

だから天使なんていないんだってばよっ!!

Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

影から見ていた綾小路だったが、

手にしていた櫛田の携帯の着信音がタイミング悪く鳴ってしまう。

隠れていたことがバレるといさぎよく出る綾小路だったが…

とにかくこのことを黙ってろと言う櫛田。

了承する綾小路だったが、念を押す櫛田。

そしていつものブリッ子に早代わりする櫛田であった…

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

『よう実』第3話の感想と第4話へ向けて

この櫛田の豹変振りが一番のインパクトだった今回でした~。

ここはファンも2極化するところじゃないですか?

という人もいれば…

という人もいて、つくづく人間て面白いと思いますわ(笑)

で、今回終わっての残ポイントは…↓


さすがに綾小路のポイントが激減しましたね…

まあ、堀北もだけど綾小路は過去問交渉で15,000PPt使ってますからね~。

この後どれくらい挽回することやら。

で、第4話ですが↓


KADOKAWAanimeのチャンネルより

相変わらず映像だけで何もわかりません(笑)

とにかく今回、櫛田のインパクトが強すぎて次回もその裏の顔がどうなるのか気になります…

そして、まずはDクラスが上に上がるためにはまずはCクラスを蹴落とさなければなりません。

その辺も今後楽しみですね。

また楽しみに待ちましょう。

おわり

スポンサーリンク

 - アニメ , , ,