アニメ【クズの本懐】エロいだけじゃない!クズっぷりが面白い!

      2017/05/07

それにしてもエロいアニメである。
それが最初の感想でした。


しかも女の子もカワイク描かれています。
えっ!まだ観ていない?
早く、観て!

アニメなのに!舞台は高校なのに!昼ドラかっ!
って感じに進んでいきます。

でもただのエロじゃありません!
きちんと内容のある面白さがあります!

それをあなたも確認してみてください!

作品の紹介

アニメを観るきっかけは、
たまたまネットの記事でこんなエロいアニメを地上波で流してもいいのか?

といった記事を読んだから。(*´Д`)hshs

しかし、内容にはいい意味で裏切られました

スポンサーリンク

作品について

漫画
作者:横槍メンゴ
出版社:スクエア・エニックス
掲載誌:月刊ビッグガンガン コミックスは8巻で最終巻
レーベル:ビッグガンガンコミックス

アニメ

監督:安藤正臣
脚本:上江洲誠
キャラクターデザイン:黒澤桂子
音楽:横山克
アニメ制作:Lerche

OP曲 「嘘の火花」 作詞・作曲・編曲 – 谷口尚久 / 歌 – 96猫
ED曲 「平行線」 作詞・作曲・歌 – さユり / 編曲 – カワイヒデヒロ

本懐:もとから抱いている願い。本来の希望。本意。本望。

つまり、『クズの本懐』とはクズが持っている願いや本望といったところか。
そしてクズな登場人物の本懐が遂げられるのかが焦点になるのであろう。

【以下ネタバレ多少アリ、ご注意ください】

あらすじ

高校2年生の安良岡花火(声:安済知佳)粟屋麦(声:島﨑信長)は付き合っている。
お互い好きでもないのに。
お互いの好きな人が先生同士で赴任してきてさらに仲が接近してしまう。

ノイタミナ YouTubeチャンネルより

二人の片思いの相手
花火は幼い頃から慕うお兄ちゃんというべき鐘井鳴海(声:野島健児)。新任国語教師。
麦は中学の頃に家庭教師をしてもらった皆川茜(声:豊崎愛生)。新任音楽教師。

二人は自分の恋がうまくいかないことからどんどんクズ化していく。
そして花火はクズな存在のせいで自分がさらにクズになる。
別な人もクズにしてしまう。

クズを伝染させて物語は進む。

スポンサーリンク

感 想

上でも書きましたが、観るきっかけはネットでエロいと評判だったから。
確かに1話から飛ばしていた。
それはもう地上波放送ギリギリだろうなというくらいに。

しかし、途中から事情が変りました。

4話を観終わってから、これは面白いと再認識しました。
そして私にとってこのアニメの4話は今期冬アニメの神ってる回になりました。
ちなみにこれを書いている現在は6話まで放送。

4話の内容はお兄ちゃんの片思いの相手、皆川茜の回(と言っていい)。
登場から清楚で天然ボケで音楽教師でまあ男に人気あるよねっていうような女性。


しかし、こいつはとんでもねークズ女と発覚。

本音駄々漏れの心のうちを語る部分はなんか女の怖いところを見た感じ。
もし自分がこんな女性に恋をして本性知ってしまったらしばらく立ち直れない気がする。

そしてこのキングオブクズ女はクズ菌を撒き散らす。
「クズは伝染します」と言わんばかりに。

花火はこいつせいでクズ化が顕著に。
花火の親友えっちゃん(声:戸松遥)は花火によりクズに。
麦はクズ女とわかっていながらクズ女とばかりと交流。
麦はこの事を自分で「クズ女レーダー」と言っている。

キャラクターのクズ度が回を重ねるほど濃くなる。

話を戻しますがこの4話のラストに
キングオブクズ女が凄く印象的な言葉を残しエンディングテーマに入ります。
私的にこの流れも凄くうまくアニメを作っていると感心しました。

そして、その影響なのか最近ではこのエンディングテーマがよく頭を駆け巡っています。


酸欠少女 さユり パラレル YouTube Channel より

終わりに

漫画を発刊している月刊ガンガンの作品紹介にこんな言葉があった。

エロティック純愛ストーリー と…

最早、純愛という意味がわからなくなりそうです。
(。-`ω´-)んー

しかし、この作品の虜になっている私は最後まで観ます。
とにかくクズなその先が気になる作品であります。

よろしければこちらもどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 - アニメ ,