『ヲタ恋』樺倉太郎役の声優・杉田智和を紹介!!恋人は中村悠一!?

      2018/04/05

『ヲタ恋』樺倉太郎役の杉田智和さんを紹介します。

既に杉田さんを熟知しているひとなら驚くことはないかもです。

しかし、あまり知らないひとには

“こんな声優がいるのか!?”

色んな意味でそう思うことでしょう・・・

杉田智和はSとMを兼ね備えた変態

マフィア梶田氏のコメント

杉田智和という声優はまさにここに集約されているのかもしれません。

その一部を紹介していきます。

中村悠一さんについては目次:「恋人は中村悠一!?」で紹介しています。

スポンサーリンク

『ヲタ恋』樺倉太郎役の声優・杉田智和のプロフィールや人物など

読み:すぎた ともかず

生年月日:1980年10月11日(37歳)

※2018年3月現在

血液型:B型

身長:177.6cm

出身:埼玉県

所属:アトミックモンキー

趣味:アニメ・ゲーム全般

人物

好きなアニメはなんですか?

といった感じで杉田さんはよく「好きな哲章は誰ですか?」とゲストに聞いたり自身で答えたりしますw

※玄田哲章:アーノルド・シュワルツェネッガーの吹替え(本人公認)で有名な声優

また、杉田さんというとイベントやラジオのトークにてアドリブが凄まじくそのネタの広さにも驚くファンも少なくないはずです。

そこには趣味であるアニメやゲーム、さらには漫画などからくる小ネタが元になっていることがとても多いです。

ちなみに実際の演技によるアドリブにも大きな定評があります。

そんな杉田さんの子供のころの夢は「寺の住職」で高校のころは「パティシエ」や「家庭科の先生」、「デザイナー」です。

ちなみに「アニメ」や「ゲーム」の作り手にも当然興味があったようです。

結果的に「ゲーム」に関しては夢がかなっています。

※のちほど詳しく紹介します

Wikiでは小学生のころ、アニメ『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』のヒュンケルと『聖闘士星矢』に登場するフェニックス一輝の声が同じ(堀秀行さん)で声優というものを認識した的な書かれたかたをしています。

しかし、杉田さんはこれは更新したひとの主観だと否定しています。

この部分はヒュンケルの「アムド(鎧化)」と言って鎧を装備する掛け声と、一輝の「鳳翼天翔」という技の掛け声に対して絵が終わっているのにまだこぼれてくる声の圧に「たまんねぇな!」と杉田さんが感動したものなのです。

ここがきっかけかはわかりませんが、杉田さんは堀秀行さんのことをリスペクトしています。

ちなみに、『聖闘士星矢Ω』では、杉田さんがフェニックス一輝を引き継いで演じております。

経歴など

んで、なぜ「声優」になったかというのは兄の言葉が大きかったとか。

高校時代の学校行事にて、舞台脚本を作る際に自身の声に効果音やBGMをつけたものを兄が聴いたところ・・・

将来はそういう仕事に就いてみては?と言われたことがきっかけになったようです。

そして、高校生にして声優養成所のオーディションを受けており最初は不合格でありました。

が、別のオーディションでは漫才調の自己紹介をしたのが良かったのか見事合格を果たしました。

現在でこそ「低くて渋めのいい声」であり、おちゃらけた芸風?で人気のある杉田さんです。

が、まだキャリアの浅いころはそうではなかったことを『タッチ』の南役などで知られる日高のり子さんがラジオで語ってくれています。

アニメ3本目くらいに出演した『学園戦記ムリョー』にてメインキャラの1人をまかされた杉田さんの思い出です↓

無口だったし、音響監督のダメ出しを言われた以上に深刻に受け止めていた。

30分の番組なのにこれでも倒れてしまうのでは?とも思ったそうです。

杉田さんがかなりマジメすぎて心配だったことを明かしています。

今の杉田さんからは想像もつかない印象がありますね。

ちなみに杉田さんはこのときの音響監督である三間雅文さんが演出のときは今でも緊張するそうです。

杉田さんは業界で、「フリーダム」「絡みづらい」「カオス」なんて言われてたりします。

「フリーダム杉田」という呼び名があるくらいです。

特にラジオやイベントではやっていい境界線ギリギリの部分で勝負しているようにも感じられますw

そんな杉田さんをもう少しだけ突っ込んで紹介していきます。

恋人は中村悠一!?

杉田さんは20歳のころ『電脳冒険記ウェブダイバー』で共演した中村悠一さんと気持ちが悪いくらい仲がいいですw

※中村悠一:『マクロスF』のアルト役などのイケメン役を演じることが多い声優

当時、同世代の声優が珍しかったというのが杉田さんの興味を誘ったのもあるそうです。

ですが、急激に仲良くなったのは「好きなゲームが9割かぶってた」からだとか。

もともと、杉田さんのアドリブやモノマネの元ネタの多くがゲームやアニメなどからきています。

イベントやラジオでは出演者やファンを置いてきぼりすることも・・・

そんな“ネタのほとんどを理解できる”中村さんはよく解説役としてファンに説明してくれたりします。

杉田さんは「恋人にしたい男性声優は中村悠一」とまで言っています。

好きすぎる声優

杉田さんは、中村さんとともにヲタクじゃなくても有名なあの水樹奈々さんを信仰しています。

水樹さんのためならいつでも首を縦に振るとまで言っている信者ぶりです。

水樹奈々:2009年に声優初となるNHK紅白歌合戦出場するなど声優という枠が必要ないほどの歌い手でもあります

水樹さんの曲「恋の抑止力」に“変なコールをつけた男”と本人にも言われています。

どんなコールかといえば↓

水樹奈々 恋の抑止力 PV with 杉田智和
YouTube:taminetaXXさんのチャンネルより

さらにサイリュームを使ったコールをして会場を盛り上げたこともあります。

杉田さんの好きな(女性)声優が数人いるけど、好きすぎる声優に桑島法子さんと早見沙織さんがいます。

女性を見るポイントに「いい声であるかどうか」が前提にあるようです。

で、この2人に関して出演するアニメやゲームのキャラを無条件で愛してしまうため気持ち悪がられる原因のひとつになっているとか。

中村さんが桑島さんと共演したことを杉田さんに自慢すると、ストレスなのかショックなのか紙や爪楊枝を食べるという奇怪な行動を起こすことが報告されています。


arcsystemworksのチャンネルより

また、上でも話しましたが杉田さんはゲーム制作者としての夢がかなっています。

それが『月英学園-kou-』というタイトルで自身で脚本やキャスト選考など他にも大きく関わっています。

そのメインヒロインに選んだのが好きすぎる声優の早見沙織さんなのです。

早見さんの演じた御月英理役の身長が164cmでなんと早見さんと同じ身長なんです。

これに対して設定にたずさわった杉田さんはあくまで偶然だと主張。

母親の身長(158cm)に戦うキャラとしてガタイがいいという想定から+5cm程度にしてこの身長なんだと豪語しています。

しかし、これに中村さんが「恐ろしい言い訳」だと一蹴w

ちなみに中村さんもこのゲームに早見さんの兄役で参加しています。

杉田智和とマフィア梶田

このゲーム(『月英学園-kou-』)のゲストシナリオには杉田さんのラジオ・『アニゲラ!ディドゥーン!!!』でもお馴染みのマフィア梶田氏も参加しています。

僕も最初に見たときはビビりましたがこの方、なんとフリーライターの肩書きがあります。

そして、中村さんとも仲がよく見た目では想像できないほど2次元に精通しています。

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!

同ラジオがまだ初期のころ、梶田氏は取材という名目でスタジオに入っていました。

が、杉田さんによるイタズラなのか無茶ぶりなのか素人なのにぶっつけでラジオ出演させられてしまうというエピソードがあります。

杉田さんと言えば、モノマネが得意です。

よくアドリブの最中にブッコんできますw

『ガンダム』のシャアやアムロ、銀河万丈さんのマネをよく披露しています。

そして、梶田氏が杉田さんの初対面時の印象が「若本規夫さんのモノマネが上手い人」だと言っています。

※レパートリーは今なお増えている

それくらい杉田さんによる若本さんの完成度は高いです↓

【吹いたら負け】花沢さん(cv:花澤香菜)vs アナゴさん(cv:杉田智和)【文字起こし】
YouTube:文字起こしちゃんねるさんのチャンネルより

女性声優に変なネーミング

杉田さんは女性声優ばかりに独特のネーミングを授けており、それが定着してしまったりしています。

それが以下↓

  • 後藤邑子さん → 「ゴットゥーザ様」
  • 高橋美佳子さん → 「みかこんぐ先輩」
  • 相沢舞さん → 「もりそば」
  • 斉藤梨絵さん → 「エリンギ」
  • 今井麻美さん → 「イマジン」
  • 近藤佳奈子さん  「コンドム」
  • 仙台エリさん → 「エリセンダイザー」
  • 悠木碧さん  「こども先生」

「コンドム」に関しては下ネタではなく『ガンダム』からきているとか。

しかし、あらゆる場所からの抗議により最終的には「コンちゃん」に落ち着いています。

こんなことをやっているので、杉田さんてかなりの女好きの印象があります。

しかし、実は「基本的に女のひとが苦手」と言っています。

女性に対して“〇〇ちゃんなどと言うのも軽薄でイヤ”だとも付け加えています。

家族には女性と呼べる人が母親しかいなかったためとも言っています。

なのでこれらネーミングは杉田さんの女性に対する照れ隠し?なのかもしれません。

ちなみに信仰する水樹奈々さんの前では絶対に下ネタを言わないそうです。

これは中村さんが証言しております。

ちょい話を戻し、『ヲタ恋』共演者である悠木碧さんこと「子ども先生」は天敵であるそうです。

何かあるとこれまた『ヲタ恋』共演者の沢城みゆきさんに告げ口をし、杉田さんを煽(あお)りヤバイと思うと「このおじさんがいじめる」と言い中村さんの後ろに隠れるスキルを覚えたことで手を焼いているとか。

しかもこんなときの杉田さんを見る中村さんの目は蔑(さげす)んでいるようで余計にたちが悪いそうです。

「俺を殺したければ海に連れて行くか、子供先生をぶつけること」

と言うくらい本当に苦手にしていることがわかります。

つか、海嫌いなんすかね?

困った杉田さんは早見沙織さんに悠木碧さんの弱点はないか聞いたこともあります。

『ヲタ恋』樺倉太郎役の声優・杉田智和の主な出演作品

主な出演作品

※管理人の主観による選出が含まれています

2002年『ちょびっツ』の本須和秀樹役でテレビアニメ初主演。

Wikiより

Wikiではこう書かれてますが、これまた杉田さんが否定しています。

本人が初主演だと思っている作品↓

『銀魂』の坂田銀時役

杉田さんの中で、例えば『ドラえもん』の主人公は誰だ?となると“のび太”となるそうです。

それはこの話自体が「のび太の成長物語」だからだと語っています。

なので自身の初主演は『銀魂』の坂田銀時になるのだとか。

そして同時期に出演したこの作品で杉田さんを認識したひとも多いはず↓

『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョン役

そういえば、『ナショナル ジオグラフィック』のナレーションも担当されています。

この2作品の主役を演じ、知名度を大幅に上げたとWikiにはあります。

が、例のごとくこれを杉田さんは否定しています。

これに関しては本人も何で(知名度を上げた)とは言ってはないですが・・・

『マクロスF』のレオン三島役

(ゲーム)METAL GEAR SOLIDのカズヒラ・ミラー役

Part2TVアニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』のジョセフ・ジョースター役

ジョジョネタが好きな杉田さんにとって歓喜の役であったはずですw

翠星のガルガンティア』のチェインバー役

僕にとってチェインバーは子供のころに観た『ナイトライダー』『新世紀サイバーフォーミュラ』のアスラーダを彷彿とさせます。

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』の戦場緋夜役

沢山ありますが、この辺にしておきます。

あとがき

今回、杉田さんのどこの情報を集めまとめるかで非常に悩みました

それくらい捉えどころが難しくまた話のネタが多すぎなのです。

もし、コアなファンではなくまだまだ浅い杉田さんのファンであるならばYouTubeやニコニコなどで動画を探してみてください。

現在やっているラジオを聴くのもいいと思います。

『アニゲラ!ディドゥーーン!!!』は毎週木曜日21:00~21:30の枠で放送されています。

超!A&G | 文化放送のサイト

※登録が必要です

杉田さんのトークは本当に笑いが止まりません。

受け答えも早く賢いなあと感心することもあり、ふざけてばかりですがまとめるところはきっちりまとめるカッコイイ男です。

そういえば、杉田さんは過去に「子供先生」のせいで沢城さんから“絶好”されたことがあります。

収録現場が荒れていないことを切に願いたいと思います。

樺倉と花子の言い合いが今から楽しみです。

おわり

小柳花子役の沢城みゆきさんの紹介

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

 - 声優 , ,