『進撃の巨人』2期放送直前に改めて復習をしてみた

      2017/05/07

『進撃の巨人』のテレビシリーズが4年振りに帰ってきます。
今や、知らない人でも名前は知っていますよね。

原作も面白いのですが、映像で動いている巨人を観るのはやはり迫力があります
まだ観たことのない人や中身を知っているけどなんとなく忘れてしまった人へ、
2期が始まる前に今一度復習を兼ねてご紹介します。

世界観

あらすじよりも先に世界観がわからないとピンとこないと思いましたので、
こちらを先に持ってきました。

『進撃の巨人』ってどんな世界なのかをもう一度見ていきましょう。

舞台

中世ヨーロッパ風の街並み。街は至って普通に見える。

街の周りに大きな壁があること以外は。
もちろん巨人の侵入を防ぐために存在します。

壁の高さ約50m

物語が平和であるうちは、確認されている巨人の体長は3m~15mほどであった。

巨人を防ぐには十分な壁。

1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

壁は王都までに3重の壁で構成されている。

物語は最初、エレンの住む街のシガンシナ区から始まる。

巨人


1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

100年以上前に出現し、人類のとてつもない脅威となってしまった巨人。

生き残った人類は3重の壁を築くことにより、巨人の侵入を防いできた。

巨人の特徴

人を食らうこと、人以外の生物に関心を示さないこと、知性が感じられないこと。

食べなくても生きていけると推測されている。

頭を吹き飛ばしても1~2分程度で再生してしまう

弱点が後頭部より下のうなじの部分。ただし、かなり狭い範囲(縦1m、横10cm)。

・例外として奇行種が存在する。人を食らうことが目的ではなかったり、

知性が感じられるものも確認されている。

人類

人類が巨人に抵抗するべく戦うのは主人公を含める兵士達の存在があってこそだ。

その兵士達も3つに分かれる。

・駐屯兵団

幼少の主人公達を助けたハンネスさんはここの所属。

1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

壁の強化と街の安全を守るのが任務。壁が破られるまでは平和ボケした集団であった。

調査兵団

壁外の巨人調査を主に行う兵団。物語では一番に体を張って巨人に立ち向かう存在。

当然だが、他の兵団より死亡率が格段と高い。主人公達が所属するのはココ。

調査兵団の活動は、多くの兵士の犠牲税金の上で成りたっている。

成果がなかなか上がらないため、国民からはその活動に疑問符がついている。

憲兵団

主に王都を警護する兵団。他2つの兵団より我が身は安全であり、安定した地位を約束されている。

ただし、訓練兵の時の成績が良くなくなければ入団は不可能。

基本的に平和な所にいるので、危機意識や戦闘能力が上の2兵団より劣る。

戦闘方法

人よりも巨人はデカイので、それ相応の道具と武器が必要になります。

そのうちのひとつが立体機動装置


1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

建物の壁などに向かってワイヤーを射出し、空中での機動を可能にする装置。

スパイダーマンのような移動方法であると想像してもらえればわかりやすい。

もうひとつが武器。超硬質スチール


1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

付け替え式の刃。巨人の体は硬いため、あえてしなるように作られている。

この刃を使って巨人の弱点を狙い絶命させる兵士達の重要武器。

こんな道具や武器があっても、

巨人を1体倒すのに平均で30人死ぬと言われている。

しかし、人類の数は巨人の30倍存在するわけではない。

その事実はまさに人類の圧倒的な劣勢ということになる。

スポンサーリンク

あらすじと登場人物

あらすじをざっと追いかけます。

1期の内容は原作にすると8巻分(もうすぐ22巻が発売)にもあたるので

割愛する部分はご了承ください。

以下、当然ネタバレアリ

主人公死ぬ!?

1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

107年の平和は体長約60m超大型巨人の出現により崩壊してしまった。

この巨人がシガンシナ区の壁に穴をあけ他の巨人の侵入を可能にさせ悪夢が始まった。

続いて屈強な鎧の巨人が現れ、ウォール・マリアの壁は破壊され惨状はさらに酷くなる。

1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

幼かった主人公エレン・イェーガー(声:梶裕貴)は自分の見てる前で

母親を巨人に食われてしまう

ギャアァァァァ━━(゚Д゚|||)━━━!!!!!!

※私はこのシーンでかなり衝撃を受け原作を読むことにしました

この時エレンは調査兵団に入団し、巨人を駆逐することを決意する。

人類は第2の壁、ウォール・ローゼまで後退を強いられることになった。


1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

エレンはその後、家族というべきミカサ・アッカーマン(声:石川由依)

幼馴染のアルミン・アルレルト(声:井上麻里奈)とともに訓練兵に志願する。


1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ミカサの働きは並兵士100と等価と言われるほどの腕の持ち主。

アルミンは戦闘に適してはいないが、

物事を見極める能力に長けておりエレンもその指示に従い何度も助けられてきた。

彼らが調査兵団配属直前、事件は起きた。

5年前の悪夢再び、超大型巨人がまたも出現トロスト区の壁が破壊されてしまう。

トロスト区の街は巨人の侵入で大混乱に。

エレンは今度こそと意気込むも、アルミンのピンチを助ける代わりに

巨人に食われてしまう

工工エエエエェェェェ(゚Д゚)ェェェェエエエエ工工
  主人公死んじゃったよ…

正規兵も訓練兵もなすすべがなく絶対絶命のピンチに陥る…

トロスト区奪還作戦

もうダメかと思われたときに、巨人に攻撃する巨人が現れる。

理由はわからないが、街に侵入した巨人を次々なぎ倒していく。

1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

何体も巨人を倒していった謎の巨人であったが、ボロボロになりついには戦えなくなってしまう。

朽ち果てたうなじからは巨人に食べられたはずのエレンがそこにはいた。

手足を失ったはずが再生していた。謎が深まるばかり。

エレンの存在は兵団を酷く怯えさせたが、アルミンの機転で事なきを得る。

さらにアルミンは巨人化したエレンに巨大な岩でこのトロスト区の壁にあいた穴を塞ぐ

いわゆるトロスト区奪還作戦を上官に提案し、実行する運びにもっていく。

巨人化してもうまく自制心を保てなかったエレンであったが、

アルミンのアシストもあり壁の穴を塞ぐことに成功するのであった。

これは人類が初めて、巨人の侵攻を阻止した快挙となった。

スポンサーリンク

女型の巨人を捕獲せよ

訓練兵だったエレン達は晴れて、

エルヴィン・スミス団長(声:小野大輔)リヴァイ兵士長(声:神谷浩史)率いる

調査兵団に配属されることになった。


1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

エルヴィンは歴代の団長とは違い、

広い視野を持ち、時に残酷な判断をも下せる優秀なリーダーである。

リヴァイは人類最強と言われており、1人で複数の巨人を葬ることが出来る腕を持っている。

エレン達の初任務は第57回の壁外調査であったが、本当の目的は違った。

それは壁を壊そうとしている巨人の特定と捕獲であった。

先のエレンの巨人化により、人間が巨人化できることが証明された。

ならば壁を壊そうしているの人間であり、彼らは壁の内側に存在すると推測。

今回の任務はエレンを壁外に連れ出すことで、目的の人物(巨人)が釣れると判断したのである。

※ここの理由については是非、本編で確認してもらいたい

そうすると、目的の巨人は現れた。

それは女型の巨人。とても素早く、体術にすぐれ今までの巨人とはまるで違う存在。

調査兵団は多大な犠牲を払うもあと一歩のところで取り逃がしてしまう。

しかし、アルミンはこの出来事により得た情報からこの人物を特定する。

訓練兵時代の同期アニ・レオンハート(声:嶋村侑)であることを。


1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

訓練成績が優秀であったため憲兵団に志願、

配属された彼女であったがまさか女型の巨人だったなんて…


1期公式サイトより ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ウォール・シーナのストヘス区にて、アニを追い詰めるも逃走されしまう。

壁によじ登る巨人アニをミカサが叩き落とすことに成功。

巨人化したエレンがとどめを刺してついに戦いに決着がつく。

しかし拘束する直前、巨人の力でアニは自らを結晶化してしまいその口を封じてしまう。

調査兵団が知りたかった真相はまたも謎に包まれてしまったのだ。

最後に、アニが登った壁から破片が落ち衝撃的な存在が露出した。

壁の中に巨人の姿が…

スポンサーリンク

まとめ

本当は登場人物はまだまだ沢山いるのですが、

全員紹介してしまうととんでもないことになるのでこの辺にしておきます。

アニの脅威はなくなりましたが、

まだ超大型巨人鎧の巨人という存在が残っています。

彼らが誰なのか、エレンの父グリシャが何をしたのか、

王家の血が巨人にどう関わっているのかが2期を観ることでわかるでしょう。


Anime PONY CANYONのチャンネルより

新しい巨人が喋っていますね…

2017年4月1日(土)より放送開始!!

※地域により異なる

2期も『進撃の巨人』から目が離せないこと間違いなしです。

よろしければこちらもどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 - アニメ , ,